カテゴリー: ドッグトレーニングNOW!

犬のしつけ「Lab.BLANC」でお勉強中の生徒さん・卒業を迎える生徒さんの様子をご紹介します。

成犬レッスン中☆シロ君 (町田市 ビションフリーゼMix)

ビションフリーゼMix のシロ君とは今年初めてのレッスンで久しぶりに会うことができました。
お散歩の練習や歯磨きなど、自主練を続けて、ご家族が色々工夫したり、
シロ君の行動をしっかり観察して、どう対処するかや練習に必要な事なども考えてくださっています。

お散歩の練習はというと、、、
リードが緩んだ状態で歩けるのですが、犬が目線に入ってしまうと前のめりの姿勢になってしまい吠えが始まります。
只今、ソコを改善中です。

飼い主さん曰く、「ラブラドールとかは絶対ダメかも~」との事なので、
練習台に最適な(?)ラブラドールのロダン選手が出動=3=3=3

とは言っても、
ロダンは5ヶ月齢の時にイングリッシュセター3頭にリンチ状態に遭ってから
(その後、大型雑種の黒い犬多頭飼いからも同じく…orz)
知らない犬への警戒心は強く、トラウマになってしまっています…。
強烈な恐怖や印象が1回でもあると、生涯続く事もあります。
(ロダンを守る事ができず、相手の飼い主さんは自分の犬が他の犬を負かした事に優越感を感じる方で制止しても話にならず、アタクシの一生の後悔となっています)

なので、
犬に吠えてしまう愛犬をどうにかしたいと思う飼い主さんのお気持ちは本当によくわかります。

吠えてしまう原因は色々ですが、
* 接近欲求(相手の近くに行って確認したい、遊びたい)、
* 警戒心や恐怖心、
* 葛藤(近くに行きたいけどどうしようか…安全な相手なのか疑心暗鬼)
* 犬に挨拶ばかりさせている事に依る、犬中毒(挨拶したい要求吠え)
などがあります。

1歳前後から他犬への吠えかかりが出るケースが多く、シロ君の吠えもその頃から。

で、ナンの練習をしたかというと、
道路の反対側を歩いてお互い存在を把握してから、少しずつ距離を近くしていきました。

ココでの練習は挨拶をさせることではありません。(挨拶させるのは交流)
気になる犬がいて存在を確認しても気にしないことです。
それが社会化。
(アナタはすれ違う知らない人に、必ずもれなく、挨拶しますか?)
そして、一緒にいる家族に意識を向ける事です。

吠えずにすれ違いの練習ができて、その後1m位まで近くに来ることができました!

しかも、飼い主さんにしっかりアイコンタクトをしています^^
(アイコンタクトの号令は出していません)

途中、何頭かお散歩している犬が通りかかりましたが吠えないココロでいることができましたよ!

シロ君にとってロダンは「知っている人が連れている知らない犬」ですので、
全く知らない人が連れている知らない犬への反応や、
時間をかけての接近だったので、通常のお散歩でのすれ違いとは状況が異なり、
わざとらしい練習ではありましたが、
「吠えなくても大丈夫だった」「やり過ごすことができた」という経験をすることができました。

日々のお散歩で自主練は続く…
応援しています ^o^/

posted 2022.5.7

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています

 

パピーレッスン中☆リオちゃん(町田市 マルチーズ)

真っ白でフワフワのマルチーズ、リオちゃんは4ヶ月齢。
毛玉になりやすいので、ブラッシングは欠かせません。
飼い主さんも2頭目の犬なので、上手にブラッシングの練習ができています!

マルチーズと暮らしている飼い主さんを悩ませる共通のこと。
それは、偏食です。。。
(マルチーズmixも偏食傾向です)
リオちゃんの今の体重が800gなので、成犬時には2kgは越えるようになってほしいです!

首周りも細く、サイズが合う首輪がないので、
今のところ主に抱っこ散歩です。

とはいえ、用意してある首輪のつけ外しも練習中ですよ^^
犬用の首輪のサイズがない場合、猫用を使うっていう選択もあります。

早く大きくなぁれ~!

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています

 

祝卒業☆ベク君 (町田市 大型Mix)

「保護犬から過保護犬になりました!」
そう言って笑顔で近況をお話して下さるご家族。
お父さんはいつも気の利いたジョークで明るくレッスン時間を過ごすことができるので、毎回お伺いが楽しみでした。

ベク君は山口県周南市で他のきょうだいと一緒に子犬の時期に保護されて、今のご家族のところに引っ越してきました。
お名前の由来はベージュと黒の毛並みから。

高い声で話しかけると首をかしげて一生懸命聞いてくれています。
吠えることも本当に少なく、イタズラもあまりありません。

ご家族と沢山散歩に行ったり遊んでもらったり、他の犬とも上手にご挨拶して交流もできます。
野犬の子だったとのことですが、独特の怖がりの状態はなく、本当に暮らしやすく育ってくれています。
レッスン期間中にニョキニョキ成長して、体重20kgになり、足が長くてスラリとした体型です。

まだまだワンパク小僧で青春時代を謳歌している時期ですが、楽しい毎日を過ごせることを願っております!

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています

祝卒業☆マルコちゃん (町田市 マルチーズMix)

2020年4月うまれの女の子、マルチーズxダックスのミックス犬、マルコちゃん。
いつも尻尾フリフリ&ニコニコでお出迎えしてくれました。

マルコちゃんの練習は、
* 家の外に見える通行人に吠えないようにする、
* ご家族がお庭で洗濯干ししている時に吠えないで待てるようにする、
* 歯磨き

でした。

まず実行してもらったことは散歩時間と回数を増やすこと。
どの犬にも共通していますが、体の大きさの大小に関わらず、犬の散歩は必須です。
特に若い犬は1回1時間、1日2回の散歩をオススメしています。

散歩は運動だけの目的ではなく、
外に出て、家の中以外の環境や経験を沢山して刺激を受けて、
色々な状況やモノに慣れる、過剰反応しないなどにとても有効です!
散歩してパワー発散したところで目標の練習をすると落ちついてできるケースが多いです。

マルコちゃんが外の通行人などに吠える時間帯が決まっているので、
その時間帯はハウス(サークル)に入って過ごして、窓際をパトロールしない事を実行してもらいました。
それに必要なことは、ハウスの練習と、ハウスに入ったままの状態で過ごすことです。

吠えに関する改善依頼は多いのですが、原因や、犬の様子、ご家庭の環境によって、練習する内容は異なります。
ご家族の頑張りで、ハウスから離れた場所からでも、声かけするとマルコちゃんが楽しそうにハウスまで走って入れるようになりました!!

そして、歯磨きはというと、
まずは顔周りを触ったり、唇をめくったりする練習から開始です。
歯ブラシをいきなり口に入れることはしません。
少しずつ練習を進めて、口内環境を良い状態で保てますように^^

おうちが近いので、散歩中に偶然会える事があるマルコちゃん、
また、ニコニコの笑顔で覚えていてくれれば嬉しいです!

 

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています

 

祝卒業☆はる君そらちゃん (町田市 柴犬)

胴胎きょうだい犬(お母さんのお腹の中に一緒にいました)はる君とそらちゃんも今年3月で2歳になります。

パピーレッスン開始時は、いつ止まるの~? というくらい活発だったのと、
柴犬あるあるの、「体を触られるのが苦手」を「触られても大丈夫」にする練習を、ご家族と一緒にがんばりました!

ハーネス着脱、首輪着脱、足拭き、爪切り、ブラッシング(柴犬の換毛はてんこ盛りになる抜け毛です)、耳掃除、目やにを取る、シャンプー、などなど。

日々、体を触られることが沢山あります。
この事は、オスワリやフセよりも優先して練習してきました。
(もちろん、今はオスワリやフセもできます)

レッスン期間中にはる君が大きな手術が2回とリハビリがありましたが、
飼い主さんご家族の励ましとはる君の頑張りで克服して、本当にホッとしています。

お散歩も家族が2頭牽きできるという仲良し兄妹で、2頭による争いもなく平和に暮らしています。
いつも訪問時は目を細くして、耳ペタ、尻尾が取れそうなくらいブンブン振ってお出迎えしてくれたお二方。
これからも家族と仲良く楽しい時間を過ごしてね^^

posted 2022.1.10

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています

成犬レッスン中☆しろ君 (町田市 ビションフリーゼMix)

ビションフリーゼxチワワ Mixのしろ君。
1歳過ぎるころから、吠えが気になってきた飼い主さんと一緒に只今色々練習中。

外から聞こえる音、急に視界に入る人や犬。ベビーカーや子供、走りすぎる自転車やジョギングしている人。
色々なコトやモノが気になり吠えてしまいます。

1歳のカベは多くの犬に現れます。大人になってきたことや、今までの経験などで吠えが出ることが多いです。

飼い主さんは散歩も毎日沢山行っていて、挨拶できる犬も何頭かできて、
「吠える」状況をしっかり分析して、「その状況に慣れさせる」「対象物を凝視させない」を使って
改善できることも増えてきました。

「吠える」に関しては、吠えている勢いや声の大きさ、時間の長さ、対象物がどういう状態だと吠えずにいられるのか、などチェック項目は沢山あります。

この日は人、犬、車、自転車、ジョガー、子供、乳母車、大きな荷物を持った人、ゆっくり歩くお年寄り、沢山の状況の中でも落ちついていられました。

しろ君の新しいチャレンジは、歯磨きです!

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています

祝卒業☆ラッテ君 (相模原市在住 マルチーズ)

ラッテ君、パピーレッスンから早くも1歳になりました。
マルチーズの「あるある」で、かなりのグルメで食餌の種類をどうするのか、
何が好きな食材なのか、どのメーカーのフードだと食べるのか?
茹でた豚レバーや、焼いたササミなどは大好きなのですが、それでは栄養が偏ってしまいます。
飼い主さんは体重の増加を気にしつつ、ゴハンのことがとても悩みでした。

そのほかは、ハーネスの装着が苦手で本気で咬みつく事も改善したい行動でした。
これは、ハーネスの形を違うものに買い換えて、足を触るための練習で、オテ&オカワリを覚えてもらい、解決。

小さな口でも歯磨き練習も沢山できましたよ!
歯の生え替わりが終わるころ、歯が生えてこないところもチェックできて異常が見つかったのは、口を触ったり唇をめくったりすることができたからです。
なんと、犬歯が横向きに歯茎の中に生えていて(埋没状態)手術で切開して取り出すことができました。

レッスン終了時は体重も2kgを越えて、トイレに自分で行かれる&部屋でのイタズラ無しになって
ケージフリーの生活が始まりました。

これからも沢山食べて元気に過ごしてね!

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています

 

パピーレッスン開始☆伊吹君(相模原市 柴犬)

このイキモノ、ナンですか…?
の、先住犬の黒柴おねーちゃんとは歳の差7歳です。


このイキモノ、ナンですか?

8週齢で家族に迎えられた伊吹君。
8週齢ってすごくポイントになり、親元を離れて新しい家族と馴染める週齢に適していると言われています。

迎えた瞬間から始めるのは、トイレの練習、触られても平気でいられる練習、名前を覚えること、
やることてんこ盛りです *o*
和犬系の犬達は家の中での排泄をあまりしない傾向があり、トイレトレーニングに手を焼く方が多いです。
そして、散歩デビューするとあっという間に排泄外派になり、台風の日や留守番が長い時に飼い主さんが大変な思いをするということがかなりの確率で高いです。
なので、トイレトレーニングは気合い入れて要練習💪

子犬のうちに体験しておきたい色々な社会化に、他の犬に慣れることも入っています。
「誰とでも挨拶できる」という社交や交流ではなく、
「ふーん、犬ってこういうのもいるんだぁ」と慣れることです。
人間達も知らない人とすれ違う時にいちいち会釈や握手しないですよね。
いるのは知ってるけど、気にせず過ごす。
それが社会化です。


アナタはダレですか?

ロダン選手は子犬の相手は慣れたもので、必ず伏せて驚かさないように見守ってくれます。
お仕事がわかってますね~^^
クンクン、クンクン、
伊吹君の興味はフリフリしているロダンの尻尾。


んんっっ、ナンかやらかしそうな予感がしたロダンはお座りに変更

この後伊吹君はロダンの尻尾を咥えて持って行こうとして、こっぴどく叱られるのでした^^

こうやって、犬どうしの関係で覚えることも沢山あります。
ワンパクでもいい、たくましく育ってくれれば!(古い!?)

 

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています

 

Jr.レッスン中☆パールちゃん&ラリマちゃん(大和市 ボーダーコリー)

日向ぼっこする胴胎姉妹犬のパールちゃんとラリマちゃん。
パールちゃんの方が少し体が大きく、もうすぐ1歳になります。

ボーダーコリー2頭飼い、しかも姉妹で…orz
と、飼い主さんの大変さを予想すると、w*o*w な気持ちでした。
クレートの屋根に上り120cm のサークルを乗り越えて脱走、家の中がドロボーが入ったようになったりしたこともありました。

が、

予想を裏切り、子犬期ならではの色々な行動はありますが、順調に育っております。
ほっ。。。^o^

飼い主さんに口をすっぱくして繰り返しお伝えしたのは、
「犬どうしで遊ばせ過ぎないこと」
もちろん、一緒に住んでいるので一緒に遊ぶのをほほえましく見守りたいですが、
犬どうしと遊ばせている最中には家族の存在は無いのです。
そして、どう考えても同じような動きとテンションになる犬どうしと遊んだ方が楽しいに決まっています。

で、その結果どうなるかというと、

家族との意思疎通が薄い関係になります。
例えば、呼んでも来ない、ハウスに入らない、など。

大型犬や活発な犬種の飼い主さん達にありがちなのは、犬同士遊ぶと楽しそうだし、
人は楽して犬が疲れる、という発想。

で、

その結果どうなるかというと、

散歩中に他の犬を見ると接近欲求が強くて遊べないと吠える、引っ張るなどが発現します。
これを行動修正するのが、すごーく大変なんです。

なので、
1頭ずつ交互にご家族と遊ぶことをオススメしています。
パールちゃんが家族と遊んでいる時は、ラリマちゃんはクレートやサークルで出番待ち。
独立した空間で1頭で過ごす練習も兼ねています。
「アタシも出してーーーー!」と、はじめはなりますが、
待っていたら遊んでもらえるとわかると騒ぐことはなくなりました。

今では2頭で遊んでいてもご家族が呼ぶと、ちゃんと2頭とも呼んだ人のところに行きます^^v
色々練習中なので、変化が楽しみです!

そして、いただいたコチラ。

ご褒美のオヤツなのですが、鶏胸挽肉で手作りした一口ハンバーグ。
つなぎにヨーグルトを使ったそうです。
味付けはしていないので、人が食べる時はケチャップつけると美味しそうです!
焼きたてを味見させていただき、こんなに美味しいの食べられるとは、、、
ぜったい、練習は楽しいはず!
と、確信したのでした^^

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています

誘惑に負けないでスルーできるか?

お散歩中、落ちているものを食べてしまう犬がいます。
ニオイ嗅ぎまではいいのですが、口に咥えて確認したり、ぺろっと舐めたり、その次はパクっと食べてしまう…。

散歩の楽しみでニオイ嗅ぎさせてあげたいけど、食べるのは困る…。
特に夏の雑草はニョキニョキ伸びているので、人には何が落ちているのかほぼ見えないですよね。

それでなくてもコロナ禍でマスクが落ちていることも多く、たばこの吸い殻やお菓子に包み紙など、本当に色々なモノが落ちているのを散歩で気付きます。

そこで、、、
食べ物があっても誘惑されないように通過する練習のステップアップ編を行いました。

お題は、「リードを付けずに食べ物に誘惑されずに通過する」

リードを付けていたら、ギュッと引っ張って回避できますが、それはチカラ技であって、「あるのは知ってるけど食べないよ」という犬の意思がそこにはあるのでしょうか?

頑張ったのは黒柴のアルプちゃん。
写真真ん中にピンク色の食器におやつが入っていますが、リード外した状態でもスルーできました。
落ちている食べ物よりも一緒に歩いている家族を気にすることがポイントです。

「マテ」「おいで」「Leave it」「名前を呼んで目的物を凝視しないようにする」
勝手に落ちているものを口に咥えない技は皆色々。

写真の練習の後は、おやつを食器に入れずに直接床に置きました。
しかも2箇所に置いて練習です。

ただし、、、
練習場所でできてもそれは練習している景色やメンバーや雰囲気があってできている事も多いので、
普段の練習は、「お散歩中に食べ物を犬の目線前方に投げてみる」など
色々な場所で練習することもオススメです。
だって、、、
いつ、どこに何が落ちているかわからないのですよね。
イメージトレーニングは沢山しましょう!

ちなみに、散歩中や家の中での練習は床や地面の色とおやつの色が同じだとわかりにくいので、目立つ色のおやつを使うことをオススメします。

あ、、、青とか黄色の着色おやつということではなく、
コンクリートの上だったら、白っぽいおやつ。
白い床の上だったら色の濃いおやつ、ってことです!

我が家のロダン&ルパンもパピーの時に同じ練習をしましたよ。
今のところ拾い食いは無いですし、
家の中でも調理中や人の食事中に食材が落ちても勝手に食べないです^^

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています