カテゴリー: ドッグトレーニングNOW!

犬のしつけ「Lab.BLANC」でお勉強中の生徒さん・卒業を迎える生徒さんの様子をご紹介します。

只今レッスン中☆大吉君

柴犬

赤柴の大吉君、只今トイレの練習中です。
なぜか、和犬は室内のトイレトレーで排泄しないケースが多いように思うのは気のせいでしょうか???

トイレトレーの大きさが体に合った大きさなのか、落ち着いて排泄できそうな場所なのか?メッシュのついているトレーは足裏に違和感ないのか?
などなど、トイレトレーニングは色々気にしておくことが必要です。

中には、全く家の中で排泄しないケースもありますが、ベランダならOKとか、庭でするならOKなど妥協点を見つけるのも必要になります。
庭も含めた敷地内では排泄しない場合、荒天時や自分が具合悪くて外に出られない状態の時などは本当に困りますよね。

お散歩デビュー後、排泄を外でしかしなくなる場合が多いです。パピーの時は家の中でしていたはずですので、もう一度記憶をカムバックできるかな??

 

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています

抱っこ練習☆ハービー君(多摩市)

ハービー抱っこ

黒ラブのハービー君。7ヶ月齢で24kgになりました。
パピートレーニング開始は2ヶ月齢ですからあっという間ですね~

今のところ大きな問題もなく(スバラシイ!)、おうちの中も破壊無し、ご家族との関係も良く、だんだん自己主張や自分でやってみて良いことがあると、それをまたやる、といった行動も出るようになってきました。
カワイイのは、人が座っている時にアゴを人の足の上に置いて上目遣いでジッとみる行動。
これが今のハービー君自ら考えた得意ワザです!(みんながメロメロになってオヤツもらえたりします^^)

この日は、抱っこの練習をしました。
ナゼ必要か?って、、、
車に乗せたり、病院の診察台の上に乗せたり、怪我や病気をした時などに、大型犬であっても抱っこする機会があります。
老犬になって介護になったら、寝返りさせたりする時にも抱っこは必須です!

なので、抱っこの練習は犬も人も必要なんです。
オススメは、お尻の外側と胸の内側に手を入れて、
人はしっかり腕の力を使って、ハービー君を持ち上げます。

「腕の力を使う」が重要です。
腰の曲げ伸ばしの勢いを使うと腰痛が起きたりギックリ腰になる可能性があり、犬の世話どころでなくなってしまいます。
(ブランの介護の時に2回ギックリ腰になりました、、、)

抱っこの際、前肢の後ろ(脇)と後肢の前(お腹)に人が手を入れる抱っこのスタイルもありますが、お腹が圧迫されるので私はやらないです。

ハービー抱っこ

あ、抱っこの際に滑る事もあるので、捻挫防止でスリッパ脱ぐお願いをし忘れてしまった…(汗)

抱っこの際、人が犬のお尻方向に手を伸ばした時に犬が後退しないように、「抱っこ!」コマンドで人の体の近くに来てくれるように練習することをオススメしています。

ハービー君はクリッカートレーニングもしているので、抱っこもクリッカーで練習しました。

今はやること沢山あっててんこ盛りですが、将来は多くのことが楽になって一緒に暮らすのが益々楽しくなると思います。
ハービー君との修行はまだまだ続く…

**********
Lab. BLANC  ドッグトレーニング https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、多摩市、八王子市(一部)、横浜市(一部)に家庭教師型でお伺いしています

クタクタです☆クロエちゃん(横浜市)

クロエ

フレンチ・ブルドッグのクロエちゃん、パピーレッスン開始してから9ヶ月齢になり、お姉さんの顔になってきました!

この日はエレガントに歩く(!)お散歩の練習を開始しましたよ!
リードを引っ張って歩くのは、低重心のフレブルにとっては肩の関節を悪くする原因にもなります。
また、左右ウロウロしてウィンドーショッピングのような状態でお散歩するのは、後方から来る自転車にひかれたり、犬を避けて自転車運転している人が転倒したりする事故につながるので危ないです。
他にも、ウロウロすることによって、犬が苦手な人にこっちにこないで!という気持ちにさせてしまったり、落ちている物などに急に気づいて拾い食いしたり…その他モロモロ事件が起きやすいです。

リードを持っている飼い主さんを意識しながら、一緒にデートするようなお散歩が理想です。
もちろん、ニオイを嗅いだり、他の犬や人と挨拶することもお散歩の醍醐味ですので外に出る楽しみとして良いと思います。
状況に応じて人の右や左につくコマンドを練習して、安全+楽しいお散歩にするには、けっこう修行(練習)が必要です。
人も汗だくになりましたが、クロエちゃんもがんばりました。
いつも活発でレッスン後にこのような姿勢になることはないのですが、今日はやり遂げた感!? の写真。

ニオイ、物、音、など外は気になるモノが多いので、エレガントなお散歩ができるようになるのは時間がかかります。
躾の最大の目的は、犬と人の安全管理です。
次回もしっかり練習しますよ~^^

****************************
Lab. BLANC ドッグトレーニング  https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、多摩市、八王子市(一部)、横浜市(一部)に家庭教師型でお伺いしています

只今レッスン中☆あめちゃん(町田市在住)

ダルメシアン

ダルメシアンのあめちゃん、只今、レッスン中です。
一緒に写っている7歳のそら君はパピーレッスンにお伺いしていました。
とても久しぶりに会ったのにもかかわらず、そら君は覚えていてくれて嬉しかったです^^

で、あめちゃんのレッスンは、、、
呼び戻しやアイコンタクトなど、日常必要なトレーニングを一緒にしていくことになりました。
フセもあっという間にできるようになりましたよ!

食いしん坊なので、何かをしてご褒美をもらえるとなるとやる気満々。
食べ物で釣るのは、初めてやることや難しいことを教える入口の時。
覚えて欲しい行動が食べ物で釣られて、できるようになってきたら
その後は、行動ができたら食べ物のご褒美をあげる、後出し作戦、
さらにできるようになってきたら、食べ物のご褒美は、1回抜かし、2回抜かしとしていきます。

食べ物に釣られたり、食べ物をもらえる雰囲気を察しないと行動しないのではなく、家族とのやりとりが楽しくなるようにしていきます。

あめちゃんの宿題がフセだった時、お伺い直後に、ご褒美の食べ物が入っている器を触るのも無し、オヤツで釣るのも無しで、フセをしてもらいました。
飼い主さん曰く「オヤツがあるとできる…」でしたが、
実際はオヤツで釣らなくてもできたし、フセができた後も食べ物のご褒美がなくても、何度もフセができました。

じゃぁ、ご褒美は?
と、ツッコミを入れたアナタ!すばらしい~☆

実は、あめちゃんは撫でてもらうのが好きなんです。
なのでフセのご褒美は「おりこう!」と言われてなでてもらうこともでも通じます。

一般的に犬へのご褒美というと食べ物(オヤツ)を想像しますが、
犬が好きな事だったら、食べ物以外でもかまいません!
なでてもらう、オモチャで引っぱりっこ、ボールを投げてもらう等々。
犬が行動した後に楽しいことと思えるようなことを提供してあげる種類が多いと、ご褒美のバリエーションも増えます。

ちなみに、やっぱり食べるのが好き!
と、いう場合は、好きな食べ物のランクをチェックしておいたり、ウェットタイプが好き? 肉系魚系? 食べ物の大きさは?
などと、犬が「やったー!」と思うモノを把握しておくことをオススメします。

行動した後にご褒美をもらった犬は、「やったね^^」と、思うはずです。
そして、次は何するのかな~、と期待も膨らむハズ!
ご褒美の種類やランク、あなたの愛犬はどんなものがありますか?

Lab. BLANC  https://lab-blanc.com

 

トリックできるよ☆ショコラ君(町田市在住)

トリック

トイプードルのショコラ君、2月で1歳になりました。
バレンタインデーがお誕生日なので、お名前をショコラにしたそうです^^
かなりのイケメン!足も長くて体もトイプードルの中では大きめの6kg超えですが、全く太ってはいません。むしろ少し細い位かも。

他のトイプードルと比べても相当活発。かなりヤンチャ小僧で、飼い主さんを困らせたりする時期もありました。

ショコラ君の飼い主さん以外の家に迎えられていなければ、こんなに面倒見てもらえなかったのでは?と思います。
お散歩も1日2時間位行っているし、ステキな芝生のお庭は専用のドッグランでボール遊びや追いかけっこでパワー発散。

体力の発散と併せて頭も使って疲れさせます。
基本のトレーニングも段々レベルアップして、クリッカーを使って色々覚えることもできるようになりました。

で、前置きが長くなりましたが、写真のワザは「ハンガー」。
輪のオモチャをマズルに掛けて静止するトリックです。
普通なら、くすぐったかったり、目の前にオモチャが見えるのですぐに前足で取ってしまうと思いますが、そこはじっと静止して「ハンガー」ワザの完成です。

他にも沢山トリックできるので、そろそろコマンド名に困るかも!?
トリックは楽しいので、皆さんも何か教えてみてくださいね^^

 

Lab. BLANC  https://lab-blanc.com

久々の再会☆クー君(町田市在住)

くー

12月で2歳になった、クー君。一見トイプードルに見える方もいらっしゃいますが、ビションフリーゼという犬種で体型などもプードルとは全然違います。
「アフロ犬」カットしている犬が多いと言ったらイメージ沸きますでしょうか?

見た目の可愛らしさからは想像できない活発なクー君。
お散歩も1日3回、合計2時間は行っています。
遊ぶのが大好きで、走ったりするのも得意!

パピーの時から1年位レッスンにお伺いしていましたが、先日、久しぶりに再会して、飼い主さんがきちんと色々管理していて、体型も体重も良い状態で健康優良児でした。

仕事で市内を移動しているので、たまにお散歩している生徒さんと偶然会えることがあります。
みんな、大切にしてもらっているので、ホッとします。
また会えますように!

Lab. BLANC  https://lab-blanc.com

祝☆卒業 アルセ君(Mix 町田市在住)

アルセトレーニング

1歳になった、アルセ君。レッスンが終了しました^o^v
色々大変で…。との飼い主さんより連絡をいただきましたが、5ヶ月齢だったので、そりゃ、当然、わんぱく小僧の時期でした。
活発でお散歩大好き、遊ぶのも好きで、嬉しい時に前歯付近の唇がウニっと上下に開いて、すごーくニッコリな顔になります。(動画が撮れなかったのが心残りです…)

レッスンで一番得意になったのは、決まった場所で待機する「マット」ワザ。
飼い主さんの料理中や、家族が食事をしている時、外を通る人が見えた時に少し緊張して吠える時も、すぐにマットへ。

あまりにもお散歩が大好きなので、飼い主さんは1日3回行っていたという…!
他の犬が聞いたらなんとも羨ましい限りの毎日なのですが、どこをお散歩したか経路や時間が地図に表示、アルセ君の気持ちを代弁する(!?)メッセージが表示される アプリを活用しているとのこと。「mean」という名前のアプリでAppleストアにあるそうです。
残念ながら、アタクシはAppleではないので、お試しできず…。

アルセレッスン

アルセ君は、他の犬と仲良くするのも得意でした。
犬がニガテなロダン選手とも上手に挨拶してくれて、ロダンもアルセ君と会うのが楽しそうでした。

家族と暮らしやすく育ってくれて、本当に良かったです!
これも、ご家族が一生懸命トレーニングした賜ですね^^

Lab. BLANC  https://lab-blanc.com/

只今、レッスン中☆アロー君(コーギー・町田市在住)

このところ、同犬種多頭飼いの飼い主さん宅へのレッスンが何組かあります。
この日は、コーギーの飼い主さん宅へ。

8歳の先住犬は小四郎君。
トレーニングを行うのは8ヶ月齢のアロー君。どちらも未去勢。
今のところ平和に暮らしていますが、色々問題が起きないように予防ということで、レッスン開始です!

思春期の犬は色々行動がめちゃくちゃで、コマンドなんて効かないことも多いです。
「ハウス」と言っても、入口まできて、ササーっと逃げたり、知っているのに知らんぷりな感じ、とか^^;

しかーし、家族と通じ合う為には、成功しやすいコマンドを、成功しやすいタイミングで伝えることがお勧めです。

この日は、マテの練習。
待たせるって、種類があるのをご存じでしょうか?
その場から動かず静止するのがマテなのですが、
* 時間経過をしても動かない、マテ
* 家族が犬と離れた位置にいても動かない、マテ
* 誘惑物(動くものや音、食べ物など)に惑わされず動かない、マテ

往々にして、この3種類が混ざった状況でマテが必要なシーンがあります。
例えば、、、散歩時の拾い食い防止。
誘惑のニオイもしくは外見を発見して近づこうとするのを止めるために使えます。(誘惑に負けないマテ)

例えば、、、散歩中に排泄物の処理をしている時。
人の視線はウ○チにありますから、舞ってくる葉っぱや、近くを通る犬や人に向かって急に引っ張られるのを防止しないと、人が転んでしまったりします。
(処理している時間のマテ+誘惑に負けないマテ)

などなど。
マテは信号待ちの間に行うだけではもったいないので、散歩中の色々なシーンでマテを練習する機会はあると思います。

成犬トレーニング コーギー
毎回、1時間のレッスンが終了する頃、アロー君はうとうとし始めます。
やり遂げた感満載ですね~^^
遊んだり走ったりする事だけではなく、頭を使ったり集中力を使うと、犬だって疲れます。
この後はグッスリお昼寝だったと思いますよ!

成犬トレーニング コーギー
お兄ちゃんの小四郎君はアロー君がレッスン中はケージの中で待機です。
「ヒマだったから外で遊びませんか?」と言ってるのかな?
最初の頃は、ケージから出たい、自分もかまって欲しい、と、ずーーーーーーーーーーーーっと吠えていましたが、最近は状況を理解できるようになって、騒がなくなりました。
それもすごいな~、と思います。
練習は着々と進んでいます!

Lab. BLANC  https://lab-blanc.com/

パピーレッスン☆ハービー君(ラブラドール・R 多摩市)

2018年9月生まれの黒ラブ、ハービー君
飼い主さんよりハービー君を迎える前にご連絡いただき、迎える準備や必要なもの、ラブラドールとの生活はどんな風になるのか?などしっかりと考えていらっしゃる方で、ご自宅を訪問した時には、何もお伝えすることがない位万全の準備で、とても初めて犬を迎えるとは思えない感じでビックリしました。

待望のハービー君を生後8週齢で迎えてから、すぐにレッスン開始。すでに8kgありましたが、抱っこ散歩して外の世界を見学する社会化からスタートし、年末年始はご家族と一緒に帰省もして、レッスン以外では大型犬の成犬達と遊んだり小型犬ともご挨拶したりと、沢山の良い体験を重ねています。

写真はロダン選手とのご挨拶の模様。この時は生後10週齢でしたが、現在はニョキニョキ成長して、もうすぐ4ヶ月齢で16kg。
レトリバーに必須の練習は誤飲防止。早々に、マテと口からモノを放す練習をしています。
マテで何かを口にするのを予防、咥えてしまったら口から放す(人が奪い取るのではなく)対処は重要です。
マテと放せは誤飲以外にももちろん使いますが、何しろレトリバーは手袋や靴下、ボールやコングの飲み込みなどもあります。中には縫い針を飲んだラブも…。
そういうロダン選手もカーペットを留める足の長い画鋲を飲んで、もれなく内視鏡手術のお世話になりました。

安心に暮らせるように、心配な事が少しでも起きないように、色々練習は続きます!

2019.1.20  Lab. BLANC  https://lab-blanc.com/

再会☆アンちゃん(M. シュナウザー, 町田市在住)

井上アン

シュナウザーの女の子、アンちゃん。
パピーレッスンでお伺いしていました。なんともう、7歳になったと飼い主さんから聞いて、ビックリです!
アンちゃんに限らず、パピーレッスンにお伺いしていた犬達が軒並み7歳や8歳になっていて、時間経過を感じます。

パピーレッスン時は、トイレの練習が一番長引きました。お散歩に行くようになってから、家のケージ内にあるトイレで排泄しない…。
それでも、来る日も来る日も飼い主さんは練習して、そのほかの一通りのレッスンが終了してしばらくした頃に、突然のご一報で「家のトイレで成功した!」とメールをいただいたのが印象に残っています。

次はできるかも、明日はうまくいくかも! と、諦めずに毎日練習した飼い主さんの努力が実りましたよ^^

他には、ドッグカフェ体験したり、沢山できることが増えました。

再会したきっかけは、飼い主さんのご友人の犬のトレーニングをご紹介していただいた事でした。応援に来てくれたんですよ^^

ご家族に大切にされて、暮らしやすい犬に育ってくれて本当に嬉しい再会でした。これからも幸せに楽しい時間を過ごして欲しいです!

 

2018.12.25 Lab. BLANC https://lab-blanc.com/