カテゴリー: ドッグトレーニングNOW!

犬のしつけ「Lab.BLANC」でお勉強中の生徒さん・卒業を迎える生徒さんの様子をご紹介します。

只今レッスン中☆かぐらちゃん

かぐら

9月で1歳になるボストンテリアのかぐらちゃん。パピーレッスンから継続して色々な練習をしています。じゃじゃ馬娘で飼い主さんの悲鳴が聞こえてくるような時期もありましたが、今は少し落ちついてきました。レッスン終了後は、お気に入りの窓際でまったり休憩。

一番楽だなぁ、と思うのは、チャイムがなっても吠えないことと、ハウスが得意なこと。

この猛暑で短頭種は特にお散歩に行く時間が限られてしまいますが、それでもお散歩に連れて行ってもらっています。遊ぶのも食べるのも大好きなので、涼しいおうちの中でも楽しく過ごしています!

 

 

祝☆卒業 ルナちゃん

ゴールデン・レトリーバーとイングリッシュコッカースパニエルのMix、ルナちゃんは8ヶ月。ルナちゃんはゴールデンの容姿が出ていますが、他のきょうだい達はコッカーの容姿に黒い毛色で、もっと小さいそうです。ルナちゃんの体重は20kg位。すっごく明るくて、物覚えが良い女の子でした。遊ぶのが大好きというのがとても良いところで、飼い主さんとも仲良くできる秘訣だと思います。お庭の穴掘りが大好きだそうで、もうすぐ小判でも出てくるかも!?

高橋ルナ

只今レッスン中☆まるちゃん(ラブラドール・R)

まるちゃん ラブラドール・R

ラブラドール・レトリーバーのまるちゃん。只今パピーレッスン中。
ご褒美でもらうオヤツを人の手から優しく食べる練習、ドライヤーやブラッシングなど日常のお手入れ、呼んだら戻って来る、などなど生涯を通じて絶対に外せないレッスン内容を順調にこなしています。

レトリーバーは、ハンターが打ち落とした鳥を回収する仕事をしていた犬種です。なので色々なものを咥えるのが得意なのですが、反面、咥えたものを取られまいとして人が無理に取ろうとすると飲み込んでしまう誤飲も多々あり…。

なので、口に咥えたものを放す「ちょうだい」や「出して」の練習は必須です。オモチャは放すけど、消しゴムやレシートなど滅多に口にできないものは放さない、なーんてことが無いように飼い主さんが慌てずに対応するのもポイントです。
ラブラドールらしい明るい元気なまるちゃん。家具をかじることなどもなく、今のところ平和な毎日です。

その調子^o^/

祝☆卒業 アトム君(フレンチブルドッグ)

 

フレンチブルドッグのアトム君。パピーの時からレッスン開始してはや1年。無事に卒業の日を迎えました!

アトム君 フレブル

 

 

 

 

 

飼い主さんは以前もフレンチブルドッグと暮らしていましたが、同じ犬種でも全く違う! と、驚きの連続の様子でした。

まず、チャイム音に吠えない。これは吠えやすい月齢になる前からチャイムに吠えない練習をした成果ですね!電話の音にも玄関のカギが開く音にも吠えません。吠えてから対策や練習をするよりも、元々吠えないようにパピーのうちから練習しておいた方が100倍位楽です。あ、100倍以上かも!(笑)

そして、お散歩大好きで、1回1時間はてくてく歩きます。以前の子はお散歩嫌いだったそうです。お散歩途中の公園でボール遊びして楽しい時間になっています。トイレトレーニングやいたずらもなく、フリーで過ごす時間も多いです。

人と暮らす上で問題が出ないように練習していくというのは、後々本当に「楽」で「楽しい」ですよね。今では犬の洋服のモデルさんもするほど、色々な事ができるようになりました。

フレブルは興奮しやすく、他の犬種に比べるとトレーニングが入りにくい印象がありますが、アトム君は本当に元気で聞き分けの良い犬に育ってくれて嬉しいです。また会いましょう^o^/

 

祝☆卒業 ジョン君(ボーダーコリー)

 

 

 

 

 

2017年3月産まれのジョン君。パピーレッスン開始から8ヶ月。ボーダーコリーってこんなに頭が良いのだなぁ、と感じることが沢山ありました。私の訪問時時に飛びつかない練習を数回しただけで、その次からはモジモジしながらも座ってお出迎え。

あまり有る体力を発散すべく、ランニングマシーンに乗って走る練習もすぐにできるようになりました。

一方、シェルティーなどもそうですが、牧羊犬魂は強く、車の追いかけがかなりありました。座ってリードを持っている人とアイコンタクトして、動く対象物を凝視しない練習はかなりがんばらないといけない項目でした。これはレッスン終了後も継続的に必要な課題です。

動物病院からご紹介があり、初めて犬と暮らすご家族がボーダーを選んだと聞いた時、正直「あちゃ~」と思いましたが、1日3回の散歩や色々な練習に取り組んでいただき、クタクタにさせて悪さをさせない作戦で、暮らしやすい犬になったと思います。

ジョン君はこれからもココロの変化がある時期が続きますが、ボーダーの魅力を感じたレッスンでした。

 

2018.4.27 Lab. BLANC https://lab-blanc.com/

 

 

 

 

只今レッスン中☆梅子ちゃん(ラブラドール・R)

4ヶ月齢のイエローラブの梅子ちゃん、ご近所のちびっ子達のアイドルで、お散歩に出ると「きゃ~!」と熱烈なファンがやってきます。お家でも小さい子がいるおかげか、全く動じることなく、みんなと仲良くしてもらっているようです^^

 

なかよし^^

 

 

 

 

 

 

ロダン選手とも何度か挨拶し、犬語も少しわかった様子。いまでは仲良しになりました。
体のお手入れや、呼んだら戻ってくるなど生涯必要な練習しつつ、ニョキニョキ成長中です。

大型犬の飼育率が下がっているのですが、大型犬の魅力をたっぷり堪能できる良い子になりますように!

 

2018. 4.25  Lab. BLANC

祝☆卒業 サギリちゃん

トイプードルのサギリちゃん、2014年12月生まれで、翌年2月からレッスン開始して早3年! あっという間でした。

(写真は、サギリちゃんを迎える時に飼い主さんが用意したフワフワハウス。

今も入れます!)

サギリハウス

 

 

 

 

 

何か困っていることがあって3年間継続したワケではなく、初めはパピーレッスン、基本トレーニング、お散歩の練習など、一生必要な内容をした後は、歯みがきトレーニングや、トリックを使って飼い主さんとのやりとりを楽しんだりしながら成長を見守りつつ、精神成熟すると言われている3歳まで、良い状態が続くような内容で細く長くレッスンしました。

飼い主さんがかなり行動派なので、あちこちにお出かけしたり、イベントに参加したり、お散歩時間も長く行くので、他の犬達が聞いたら羨ましがると思います。お伺いすると弾丸のように走って来てお出迎えしてくれるのですが、シッポが超高速でフリフリしつつ、オスワリしてニッコリ顔で見てくれるのがとても印象的でした。

サギリちゃんは幸せだなぁ、と思うと同時に私もこんなに犬を大切にする熱心な飼い主さんとサギリちゃんに出会えて本当に良かったです^^

 

2018.4.20  Lab. BLANC  https://lab-blanc.com/

 

 

スーパーチワワ1号~4号のご紹介

みなさん、チワワのイメージってどんな印象でしょうか?

「キャンキャン吠えたててうるさい」「咬みつく」「怖がり」と答える方が多いです。実際にそういう傾向があると仕事を通じて感じる事も多いです。

が、中にはそんなチワワの印象を木っ端微塵にするチワワもいますので、ご紹介します!名付けて「スーパーチワワ」なんと今、スーパーチワワ1号から4号までがレッスン中です^^

ボンド

 

 

 

 

 

スーパーチワワ1号は3月で5歳になったボンド君。生後5ヶ月齢の時にパピーレッスン開始してはや4年半。この間「ワン」と吠えたことを聞いたのは皆無。4年半も何してるの? って、初めは人と暮らしていくのに必要なパピートレーニングから開始して、今は楽しくやりとりする秘訣を継続して新しい行動を覚えるのにクリッカーを使ってノリノリです。専用リュックに入ってご家族と電車で旅行に行ったり、色々なところにお出かけしています。

ロイ

 

 

 

 

 

1歳10ヶ月のロイ君がスーパーチワワ2号。この日は歯みがきトレーニングを沢山してやりとげた感。やはり吠え声は聞いたことがありません。飼い主さんは初めて迎えた犬だそうですが、聞き分けも良くて獣医さんからも褒められているとのことです!

フルール

 

 

 

 

 

スーパーチワワ3号は10ヶ月のフルールちゃん。玄関チャイムが鳴るとハウスに入るワザを習得しました。やはり吠えません。表情もよくわかる遊び好きな女の子です。同じく飼い主さんは犬と初めての暮らしです。

シャルロッテ

 

 

 

 

 

そしてスーパーチワワ4号は7ヶ月齢のシャルロッテちゃん。ものすごく活発で、お散歩が大好き。人も犬も大好きで遊ぶのも大好き。いつもニコニコしていています。お散歩2時間位行く時もあるそうです!飼い主さんからは3年前にもう1頭のご愛犬のパピートレーニングをご依頼いただいた事があり、シャルロッテちゃんを迎えた時はすぐにご自身で必要なトレーニングを開始していたので、本当に暮らしやすい子に育っています。

 

全員に共通しているのは、散歩時間や飼い主さんと一緒に何かをする時間が多いこと。ペットショップではチワワは小さいから散歩不要などという説明をする店があるようですが、チワワも犬としての活動や本能があります。また、色々な刺激に対して平気でいられることも散歩から得るものが多いです。

そして、なんといっても飼い主さんが意味のない甘やかしをせずにしっかり愛犬と向き合っています。何を考えているのかなぁ?こうしたら犬や家族のためにいいのでは?

そんなことを考えながらこんなことやってみました! と毎回のレッスン時に色々なお話をしてくださいます。

これからもスーパーチワワが増えることを願っています^^

 

 

2018/4/2  Lab. BLANC