タグ: 犬の歯磨き

犬の歯磨き、歯磨きトレーニングに関する記事です。

パピーレッスン中☆源君(相模原市 イタリアン・グレーハウンド))

イタリアン・グレーハウンドはとっても陽気な子が多い印象でいつもニコニコしています。
そして、かなり活発!
細い四肢なので常に骨折しないかハラハラしている飼い主さんが多いのではないでしょうか…。

そんなイタグレの源君。只今、「魔の7ヶ月齢」です。
が、、、
ありがちな、

「ハウスに絶対入らない」
「トイレを外す、違うところで排泄する」
「吠えまくり」
「呼んでも来ない」

が、無く、チャイムがなっても吠えることなく静かで、
お散歩も大好き、食欲旺盛と、良い状態で引き続き成長中です。

歯磨きの練習を始めましたよ!

「スポッ!」

歯の生え替わりも終わり、永久歯になっています。
この歯を一生使うと思うと、お手入れは必須です。

歯周病は歯垢(プラーク)が原因で発症します。
歯石が歯周病の原因だと誤った解釈の方がいますが、お間違えなく!

歯磨きの時は、口がパクパク動かないようにするのがポイントです。
人の指で作った輪っかに、マズルを入れて静止する練習をしましたよ^^
自ら進んで輪っかに突っ込む源君。
焦らずに練習は進んでいきます。

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています

町田市  ルルちゃん (ゴールデン・レトリーバー)

町田市在住 F様

先代のゴールデンレトリバーが旅立った後、ご縁に恵まれ生後2ヶ月のゴールデンレトリバーを迎えることができ、ルルと名付けました。
先代は3歳の時に譲り受けたため、子犬は初めてでした。

甘噛みなどがあり、どの様に躾けていったらよいか分からず、動物病院でご紹介していただいた森さんにご相談しました。
少し大きくなってからトレーニングを開始するのでもよいかと考えしましたが、その事も含め森さんにご相談した時に、トレーニングするのであれば早い時期に始めた方が良いとの助言を頂きました。
やって欲しくない事の癖がついてしまった場合は直すのには時間がかかるため、やって欲しくない事は覚えさせないようにしていく事が大事と教えていただきました。あっという間に力や声も大きくなるので早い時期にトレーニングをお願いして本当に良かったと感じています。

レッスンでは毎回、ルルの様子、困ったこと、やってみたいこと、できるようになって欲しいことなど丁寧に聞いてくださり、生活スタイルに合う方法を自宅で実践してご指導いただきました。小学生の息子にも分かりやすく教えていただき、家族みんなで楽しく学ぶことができました。
パピーレッスンに加え、追加でのレッスンもお願いしたことで、車の乗り降りの練習方法や人が食事をする時にマットの上で過ごす方法なども教えていただいきとてもよかったです。

いつも目から鱗で犬の気持ちになって考えるとはこういうことなのか、と感心してばかりでした。教える人間次第ということを、とても感じました。
犬にも成長段階があり、反抗期や恐怖心が出てくる時期があったりで、できていた事ができなくなる時期があるということも教えていただき、そのおかげで過度に心配する事なく、その時期を乗り越える事ができました。

何かあれば直ぐに相談できる安心感があり、困った事が起きてもあまり深刻にならず、ルルとの生活を楽しんで過ごす事ができた様に思います。
まだまだ未熟でトレーニングが必要な面もありますが、森さんに教えていただいた事を続けて行きたいと思います。
森さんが来てくださると、ルルはいつもサークルを飛び越えるのではないかと思うぐらいジャンプして喜んでいたので、森さんとのトレーニングはルルにとってとても楽しい時間だったと思います。

私たちにとてっても楽しい時間であり、その時々の心配事をご相談でき、ホッとできる時間でもありました。
本当にありがとうございました。
また何かあればすぐにご相談させてください。ルルと楽しい思い出を沢山作っていきたいと思います。

ルルちゃん ゴールデン・レトリーバー
レッスン終了時11ヶ月齢


お散歩は家族全員と行くのが好き♪

 

祝☆卒業 ルルちゃん (町田市 ゴールデン・レトリーバー)

以前もゴールデンの女の子と暮らしていたご家族ですがお別れがあり、でもすぐに、新しいご縁があってルルちゃんを迎えて、すぐにパピーレッスンの御依頼をいただきました。
おうちには、モモちゃんという猫もいるのですが、とっても仲良しです。
ルルちゃんは猫パンチされてもモモちゃんにちょっかい出したりしています^^

ゴールデン ルル

クールビューティーなルルちゃん

レトリーバーは誤飲が多いので、パピーレッスン時は早い段階で、咥えたモノを放す、
勝手に落ちているモノを取らない、という練習をします。

小学生のお子さん、中学生のお兄ちゃんも毎回一緒に参加してくれて、
ご家族全員にレッスン時にまんべんなく練習のコツをお伝えできて本当によかったです。

継続レッスンして下さったので、他に車に乗降、レインコートを着る、ハーネスの着脱、歯磨き、など、沢山練習できました。
一緒に出かけたりした時に、人の食事中にそばで自分のマットの上で伏せて待つ練習は
日々、ご家族の食事中にもれなく練習できるので、とても上手になりましたよ!

お散歩時、一緒に行くメンバーの人数によって、沢山散歩するか、早めに家に帰るか決めているルルちゃん。お父さん曰く「多数決の原理を知ってる!」とのことでした。
近所に大型犬の犬友もできて、青春謳歌中です。
これからもご家族と楽しい犬生をすごせますように^^

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています

 

 

歯磨きレッスン☆クム君(大和市 トイプードル)

お友達犬が歯磨き上手だったのをきっかけに、成犬レッスンに続いて歯磨きレッスンを開始したクム君。

お勧めしている歯ブラシがあるのですが、小型犬のご家族は、
ヘッドが大きすぎるなどというご感想なんです、この歯ブラシ。

ですが、ほとんどの飼い主さんがお勧め歯ブラシの大きさで歯磨きできるようになっています!
道具選びは大切ですが、アレコレできない理由を言わないのが、クム君のご家族です。

クム

ヒョイっと上唇の皮膚をずらして、

クム

スッと臼歯に歯ブラシが到達!
その後はお口を閉じてシュシュっと無理のない回数でブラシを小刻みに動かして
できたらご褒美^o^v

写真だとクム君の大きさがわかりませんが、小ぶりで2.6kgです。
お顔が小さくても歯磨きできるよ~の証拠写真です!

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています

 

歯磨きレッスン☆モスラちゃん(町田市 ミディアムプードル)

ミディアムプードルのモスラちゃん、歯磨きトレーニング開始してから、
飼い主さんの工夫や練習により、歯ブラシが臼歯まで届くようになりました!

モスラ

お口の周りのフワフワの毛があるカットの犬は、とっても歯磨きしにくいんです…。
しかし、動物関係のお仕事をされている飼い主さん、慣れた感じでほっぺの皮膚をヒョイっと上にずらして、
歯ブラシのヘッドを臼歯まで滑り込ませています。

モスラちゃんは日頃からブラッシングなど、体の色々なところに触られる練習をしているので、慣れるのも早いですね!

今、1歳の彼女。
このままぴかぴかの歯で美味しいものを沢山食べられますように!

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています

歯磨き練習中☆クム君(大和市 トイプードル)

小柄だけど活発な男の子、トイプードルのクム君。
吠えの改善と同時進行で歯磨きの練習をしています。
クム君の親友のマルチーズの男の子は歯磨きがとても上手だそうです!

で、犬の歯磨きに興味がある飼い主さん、今まで自己流でやってきたとのことですが、本格的に練習スタート!

クム歯磨き

マズルを触る練習や「スポッ」を練習していよいよ歯磨き開始!
まずは磨きやすい犬歯からやってみましたよ。
しっかりお口を閉じて静止してくれています。

歯ブラシが大きくて口に入らないかも、と心配していた飼い主さんでしたが、
犬のほっぺの皮は意外に伸びます。しかも痛くなく。
クム君の体重は2.6kgで小ぶりの体格で口も小さいですが、心配はあっけなく解消。
良いスタートですね^^

「ぼく、クムです。」
カメラ目線もバッチリですね~!

ムリのない歯磨き練習はまだまだ続きますよ~^^/

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com

町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています

ルパン日記☆犬の歯医者さんへ行く

ブランに行っていた歯磨きが正しい知識がなかったために、ちゃんと磨けていなかったこと、
終末期に歯磨きを止めてしまったことで、歯周病になってしまい、菌による膿が涙腺から逆流してくるという本当に悔やんでも悔やみきれない事になってしまい、それからは正しい知識を勉強して、ロダンとルパンに歯磨きを継続しています。

ロダンは8歳ですが、今のところ問題無く過ごせています。

が、ルパンは、、、、、、
まず、マズルが厚いので口を閉じる時に添える手の感じがかなりロダンと違います。
そして、しっかり磨かなければならない上顎の臼歯の凹凸がロダンより深く、磨きにくい~💦

と、いうことで、定期検診を開始することにしました。

ロダンと同じく、小平市にある、花小金井動物病院の林先生に診ていただくのですが、
いきなり口を開けたりすることはしません。
前回は、ロダンと一緒に病院に入ることと、診察室に入ることを体験し、
今回は、診察台に乗って看護士さん達に触ってもらう体験です。
診察台に乗る練習を、ホームドクターのところで練習しているのはブログでご報告済みの通り^^

体重は26.7kgでした。
1歳になる頃から26.5kg前後の体重キープで、意外に増えず。
あ、今のゴハンの量はドライフードを1日350~400gです。

写真はありませんが、先生や数人の看護士さん達に顔周りやマズルを触ってもらい、終了。
ロダンも定期検診してもらい、上顎犬歯の付け根が少し赤いので処置してもらって終了。

この後、人間はランチへ!

病院の診察券を見せると、ドリンクサービスがあります!(人間に)


ニコニコで待機のロダン。

ルパンも笑ってる ^^

え、これじゃぁ、ただのお出かけじゃん…。
って、思いますよね?

い~んです。
遠足気分のお出かけの中に病院立ち寄りコースがあって、その前後で知らない場所を散歩したり、楽しい事があれば、病院に入ることもただのイベントって感じてくれれば平常心で診察してもらえることにつながります。

病院やトリミングサロンなどに行くのが苦手な愛犬と暮らしているアナタ!
お楽しみも織り交ぜたお出かけコースの中に、病院やサロンに立ち寄ってみるのもオススメです。

ちなみに、、、
ロダンは病院大好きです。

たぶん、、、
たまにしか会わない、もしくは初めて会う人がちやほやしてくれるから^^

定期検診は続く…

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています

 

 

「シニア犬ライフ入門」犬の歯磨きトレーニング掲載

発売開始時はステイホームもあり、本屋さんに行って下さい!
ともなかなか大きな声で言えず、、、
このところ、ようやくソーシャルディスタンスや感染防止対策をしての外出ができるようになってきました。
なので、発刊されてから少し経ちますが、改めてご紹介させていただきます!

只今、Lab. BLANCドッグトレーニングの他に、犬の歯磨きトレーニングを推奨する団体、
ドッグデンタルケア・トレーニングソサエティ(http://ddcts.org)にて、他のドッグトレーナー達と犬の歯磨きのワザを飼い主さんに伝授しております。

RETRIEVER99号(2020/3/14)発売に続き、発刊されたムック本「シニア犬ライフ入門」も
犬の歯磨きトレーニングについて記事監修させていただきました。

シニア犬ライフ入門

どんな犬種でもどんな年齢でも、歯周病予防のために、犬の歯磨きをオススメしています。
当方のブログをご覧いただいている飼い主さんが多いのですが、このところ、犬の歯磨きへの関心が高く、
パピーレッスンご希望の方はほとんどのご家族が。
成犬でも犬の歯磨きトレーニングに特化したレッスンをご希望される方が増えています。

犬は何歳になっても新しいことを覚えることができます。
(故ブランは、10歳になってから、オテとオカワリ、庭でのトイレトレーニングを覚えました。それまで必要なかったので教えていなかったのですが…)

また、犬の歯磨きに関して、正しい情報がどれなのか、とても迷う方が多いです。
インターネット上やSNSで書かれていることを、どう判断すれば良いのか?
何を根拠に、その歯磨きグッズが良いのか、ナゼ適していないのか、
愛犬をムリヤリ押さえつけずに歯磨きするのが可能なのか?
「シニア犬ライフ入門」にはそんなことも記事掲載しており、なかなか充実した内容になっています。

余談ですが…
無麻酔の歯石除去は一見麻酔の負担がなくて良さそうですが、イベントなどで施術しているのは獣医師でもなんでもない素人です -_-#
(これが儲かるんですよね~)
そして素人がやっているので、不十分な消毒で機具を色々な犬に使い回し、歯石除去後、口内を消毒する薬や歯周病(歯周病になっているかどうかは獣医師が判断することで、素人が判断することではないし…)になっている部分に必要な貼薬なども持っているワケがなく、アゴの骨骨折、歯が抜け落ちるなど事故多発です。
まぁ、これは別にブログ掲載としますか…。

そもそも、歯周病の原因はプラークであり、歯石ではない!!!!!!

と、いうことで、プラークを除去するのは、歯ブラシで歯磨きをすることです。
歯磨きペースト不要(むしろ使う方に害が…)ですし、ご自宅で行うので都合の良い時間にできます!

シニア犬ライフ入門

*歯ブラシを舐めている写真はルパン怪獣です。
 犬の舌って、こんなにS字になるんですね~

歯磨きするには歯ブラシを噛ませないことが重要です。
なので、その方法も参考にしていただけると嬉しいです!

犬の歯磨きについてはアツくなってしまうので、また、別の機会に。

 

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、および近隣の市町に家庭教師型でお伺いしています

 

町田市 チューバッカ君(ゴールデンドゥードゥル)

町田市在住 M様

当初私は必要ないと思っていたしつけレッスンですが、犬を飼うのが初めてで飼う犬が大型犬ということ、普段働いているのでトイレなどが心配でインターネットで調べてお近くで活動されている森さんにお願いすることにしました。

森さんが来てくれると、目の前でどのように接すれば良いかを実践形式で見せてもらったり、悩みを聞いてアドバイスや提案をして頂いたり、
また、子どもたちにも優しく教えて頂きチューイも子どもたちも森さんが来る日はルンルンしていました!

チューイは、トイレトレーニングに悪戦苦闘しましたが、現在はほぼ失敗することなく生活できるようになりました。
トレーニングをしていた日々は今日はどうかなと落ち着きませんでしたが、今となっては悪戦苦闘した日々があったからこそよりチューイを愛しく感じます。

パピーレッスンを終えて我が家は卒業する道を選びましたが、今までのレッスンで道しるべのような物を森さんが与えてくださったように感じています。
チューイはおとなしい性格もあるとは思いますが、森さんのレッスンのおかげでどこへ行っても誉められるわんこになりました!

今後も教えて下さったことを思い出しながら、チューイと向き合っていきたいと思います。本当にお世話になりました!ありがとうございました!!

愛犬 チューバッカ君(呼び名:チューイ君) ゴールデンドゥードゥル
レッスン終了時7ヶ月齢

チューバッカ
ニューヨーク JETS のユニフォームでおめかし!

「RETRIEVER99号」 犬の歯磨きトレーニング掲載

コロナウィルス拡散防止のための緊急事態宣言もようやく解除となり、
皆さんに本屋さんに行って下さい~、とお願いできるようになりました!

レトリーバーに特化した雑誌、その名も「RETRIEVER」 99号に、
犬の歯磨きトレーニングの記事が掲載され、監修いたしました。

RETRIEVER99号

只今、ドッグデンタルケア・トレーニングソサエティ
https://ddcts.org
にて、ドッグトレーナーの有志で犬の歯磨きトレーニングを
皆様にお伝えする活動もしております。

ガムやシートでは歯周病の予防はかなり困難です。
歯と歯茎の間の溝に溜まるプラークを清掃するには歯ブラシでのブラッシングが有効です。
犬の歯周病に対して、適切に「治療」できる獣医師は限られており、
だいたい、抜歯されてしまい、その後悲惨な結果が待っています。

記事はお伝えしたいことが、ギュギューっと詰まっていますので、
どうか、今すぐ歯磨きトレーニングを開始して下さい!
と、このブログを開くと音声発信できればいいのに、、、と思っております。

あ、
余談ですが、

ルパン怪獣は、本誌にてお仕事デビューいたしました!
もちろん、毎日歯磨きしてますよv^^v

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com

町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています