タグ: 制御が効かない

ご愛犬の制御が効かない事に関するお悩みです。

川崎市麻生区 心(ココ)くん(Mix中型犬)

川崎市麻生区在住 S様

森先生、こんにちは。
心(ココ)と私のトレーニングありがとうございました。
毎回先生とお喋りするのも楽しみの一つでした。

放浪していて保健所に収容され愛護団体さんにレスキューされた中型犬3〜4才の心。
保護犬を家族に迎えるのは三代目でしたが皆それぞれ違って、今回は放浪していたからか元々の性格か、興奮しやすくてスイッチ入ると暴れ馬のようになるわ、拾い食いはするわ、引っ張るわ、まだまだキリが無いくらいの問題犬のオンパレードでしたね。

一番は脱走させてしまったら!と言う不安から散歩が緊張の時間でした。

森先生に出会えて一つ一つ解決策を教えていただいて今では心も私も穏やかな気持ちで散歩が楽しみになっています。
アイコンタクトができるって愛情倍増です! まだ完璧ではないですけど(笑)

何よりもトレーニングを受けていた心が楽しんでいた気がします。

心はなんだかドンドン子犬に戻ってやり直しているのか?位に甘えてきて、だけど強い意志は持ってるようで…面白い子です。
まだ一年弱の付き合いですが、焦らずゆっくり楽しんで行きたいと思っています。

またお会いするまでに心と私が更に進歩しているようにできたらよいな~と思っています。
半年間ありがとうございました。

愛犬 心(ココ)くん Mix中型犬 推定3~4歳

ココくん(Mix)
アイコンタクトで愛情倍増!

東京都町田市 ポワロ君(フレンチ・ブルドッグ)

東京都町田市在住 宮川様

我が家のポワロは、3歳オスのフレンチブルドッグです。
3歳を前にして、問題行動が目に付くようになりました。これらは飼い主がストレスを感じる行動で、上手く犬をコントロール出来ていないと言う事で、犬と人間のより良い関係や生活を損なうものです。
例えば来客時のチャイムに吠える、お留守番のハウスを嫌がる、散歩時に他の犬に突進する、興奮し過ぎて制御が効かなくなる・・・。

これではいけない!と考え、犬だけでなく私達飼い主も一緒に勉強し直そうと森先生にトレーニングをお願いする事に致しました。森先生はいつも沢山の質問をして下さり、じっくりポワロや飼い主の話に耳を傾けて下さいます。トレーニングでは色々な事を試しました。犬と飼い主にとってのベストな方法を探すためです。この問題行動にはこんな風にアプローチしてみましょう。もしそれが上手くいかなければ、こっちの方法でトライして見ましょうといった感じです。チャイム吠えは、チャイムが鳴る→ハウスに入る→静かに待つの一連の流れを練習し、ほぼ改善されました。
お留守番のハウスは留守番前にお散歩に出る事で、犬も納得してハウスに入れるようになりました。
他の犬に突進しそうな時は、名前を呼んで注意を引き、犬と犬の間に立ちはだかる事で他の犬への視線を遮ります。興奮するポイントを把握し、興奮する前に飼い主がコントロールします。

約半年のトレーニングを終え、強く感じたのは、トレーニングは犬よりも飼い主が学び、成長する場だということです。問題行動のある犬にどのように対応し、導くかによって、問題は問題ではなくなります。
又、トレーニングを通して、より犬との信頼関係が増した気がします。トレーニングを始めるのに、遅すぎる事はありません。今後も森先生に悩みを相談したり、アドバイスを頂きながら、ポワロも私達飼い主も楽しいドッグライフを目指して努力して行きたいと思います。
ポワロの可能性を潰さないで良かったなと感じています。ポワロ、頑張ってくれて有難う。

愛犬 ポワロ君 フレンチ・ブルドッグ♂ 3才

ポワロ君(フレンチ・ブルドッグ)
今ではハウスが得意に!

町田市 イチゴちゃん・クララちゃん(ラブラドール・レトリーバー)

東京都町田市在住 常山様

2010年4月に預かりボランティアをしている方から引き取った4歳のラブラドール(イエロー)のトレーニングをお願いしました。トレーニングを終えての一番の感想は「飼い主のトレーニングをしていただいた」ということです。
引き取った当初イチゴは落ち着きが無く、よその犬を見ると「遊びたい!遊びたい!」と、ピーピー鼻を鳴らしていたのですが、いつの頃からか知らない犬を見るとすごい強さでリードを引っ張り、吠え掛かるようになりました。しまいにはその反動で母が膝のお皿を割るという事故まで起きてしまいました。そこでネットで知った森トレーナーにお願いすることになりました。

もともと人間が大好きなイチゴは初めて森さんを見たときには「ウオッ!」と一瞬吠えたのですが、少し時間がたつと「森さん大好き~」と言わんばかりに体をグネグネさせ甘え始めました。今までずっと犬を飼ってきて、それなりに躾けには自身があったのですが母の事故を受けて、「やはり成犬のしつけは不可能なのか?」と思っていた矢先の森さんのトレーニングは目からウロコでした。いかに人間が工夫をしてトレーニングをするかによって、犬にとってはトレーニングが「楽しいもの」に変わるということを学びました。
今までの自分が行ってきた躾けの観念を捨てて、森さんにアドバイスしていただいた通りに「明るく」「楽しく」「褒めて」でも時には「厳しく」をトレーニングを通して実践した結果、イチゴもそして飼い主である私たちも随分と変わりました。今ではお散歩も自信を持って、犬・飼い主ともにルンルンで歩いています。
また「イチゴちゃんは一芸をすると人間が喜んでくれる!と思ってるみたいですよ」と言って下さった通り、隠れた能力?まで発見でき、一発芸のレパートリーが増えました。今では楽しみながら毎日色々な練習をしています。今後も森さんに習ったことを忘れないよう、日々の生活の中で繰り返し実践していきたいと思っています。森さん、本当にありがとうございました!

愛犬 イチゴちゃん(右) ラブラドール・レトリーバー(イエロー)♀・4才
愛犬 クララちゃん(左) ラブラドール・レトリーバー(ブラック)♀ 推定10才

イチゴちゃん・クララちゃん(ラブラドール・レトリーバー)
散歩はルンルン♪
クララちゃんはイチゴちゃんのトレーニングをやさしく見守っていました

東京都町田市 コタロウ君(Mix 大型犬)

東京都町田市在住 矢野様

保護団体から我が家にコタロウ(以下コタ)を迎えたのはコタが4ヶ月の頃。
とにかく、人間にも犬にもフレンドリーな犬でした。ただ興奮しやすくスイッチが入るとなかなか興奮が収まりません。現在3才になり、29キロの大型犬です。年齢とともに興奮が収まると思っていたのですが、全然変わる様子がないのでプロのトレーナーさんに頼むことにし、ネットで森トレーナーのことを知りコタのことをお願いすることにしました。

トレーニングを始めてからすぐ成果が現れました。森トレーナーの指導は飼い主にとっても判りやすく、コタの性格に合ったトレーニングの仕方なのでそれがとっても良かったと思いました。
トレーニングを受ける前は、友達が来るとコタが嬉しさのあまり興奮して動き回るのでゆっくり話ができず、お客様を家に呼ぶことができませんでした。それが1クールのレッスンが終わる頃にはマットの上でゆっくりと落ち着いて伏せて過ごせるようになりました。練習を続ければ、時間はもっと延ばせると思います。今では友達を呼んでゆっくりお茶する事ができます。感謝です。

森トレーナーにはコタのトレーニングももちろんですが飼い主の意識改革も重要だということ、そしてトレーニングは続けなければ意味が無いことを教えて頂きました。これからも飼い主が怠けずに頑張ってトレーニングしていこうと思います。

預かりボランティアをしている我が家には別にもう一匹新しい犬親さんを待っている保護犬がいるのですが、森トレーナーにはその犬についても随分相談に乗ってもらいました。なんでも相談できるトレーナーに巡り会えて良かったです。有難うございました。

愛犬 コタロウ君 Mix 大型犬♂・3才

コタロウ君(Mix 大型犬)
人も犬も大好き!
にこにコタロウ日記

東京都町田市 福太郎君・幸子ちゃん(コーギー)

東京都町田市在住 小泉様

福太郎の散歩トレーニングを終えて。
大好きな散歩の時は全エネルギーを使ってあっちこっちにマーキングをし、自分の行きたい方向にリードを引いていました。
私はリードを力一杯引っ張りつつ歩く状態で、お互いいつも綱引きをしているようでした。そのため、大好きなおやつのご褒美を活用して、飼い主を意識して歩くトレーニングをしました。歩いている時に、私に注目したり気にしたりする度に、「いい子!」と、褒めるのを繰り返すうちに、福太郎は常に私を注意して歩き、私も「いい子!」と自然に声をかけられるようになりました。

言葉や食べ物のご褒美を与えるタイミングや方法を、隣で一緒に歩いて下さる森さんのおかげでとても心強く、いつも歩いている散歩コースで練習できたのが良かったです。
今では、食べ物のご褒美がなくても、しっかり飼い主を意識して歩けるようになって、綱引きをせずに福太郎も私も楽しくお散歩ができるようになりました。 途中ですれ違う人にも、「ご主人の顔を見てお利口さん」と言ってもらえるようになり、 とても嬉しいです。

そして、夏に新しく家族に迎えたコーギーの幸子とは、今、パピートレーニングをしています。トイレトレーニング、色々な事に慣れる社会化、体のどこを触っても平気でいられるレッスンなどをしていて、これから先、家族みんなで更に楽しい生活ができそうです!

愛犬 福太郎君(左)♂・6才/幸子ちゃん(右)♀・5ヶ月
ウェルッシュ・コーギー・ペンブローク

福太郎くん・幸子ちゃん(ウェルッシュ・コーギー・ペンブローク)
2頭の名前は“幸福”です!

東京都調布 ルーク君(ラブ x 柴)

東京都調布在住 熊谷様

里親より譲り受けたル-クは、比較的大きい身体で30kgあります。
大好きなお客様や家族が訪問・帰宅する際、あまりの嬉しさに走り寄り「ドーン」と飛びつく行為が、度を越えていました。

ドッグトレーニングは、ネットや本の情報のような型にはまったことではなく、家庭環境やルークと接する時間・状況などに合わせた、工夫・飼い主の意識改革だったので、目からウロコでした。

「犬」に対してのトレーニングではなく『人間』の考えかた・工夫一つでいかようにも変わることを学び、それが時間かからず、身を以て体験できた事に感謝しています。
今はルークとの時間が、更にかけがえのないものとなっています。

愛犬 ルーク君 Mix 大型犬 (ラブ x 柴)♂・2才

ルーク君(ラブ×柴Mix 大型犬)