カテゴリー: グループレッスン(犬のしつけ教室)

グループで行ったドッグトレーニングの様子のご紹介です。

みんなで練習中!

グループレッスンのみんなは、今回、新しい場所で練習しました。初めての場所だと、雰囲気がなれないのでいつも通りにいかなかったり、心穏やかでない場合があるのですが、そんなの心配ない位大丈夫です!

持ってきて! の練習の様子。色々な形でちょっとツルツル系の素材のオモチャですが、小さいお口でも大きめのオモチャを持ってくることができて、飼い主さんも万歳です (^o^)/

ヒールウィークで横について歩く練習もしています。リードを外している時でも勝手に遊びに行ってしまったりせずに、飼い主さんと一緒に仲良く並んで歩けるか? リード無しでそばで歩ければ、リード付けた時も引っ張らないで散歩することにつながります。
難しい状況や初めての練習の時は、オヤツやオモチャをルアーにして飼い主さんに上手にリードしてもらいます。オヤツを使うのを悪とするのではなく、状況に応じてオヤツの価値(やったー!と思うのか、まぁ、普通でしょ、と思うのか?)を使いつつ、できるようになってきたらオヤツを使う回数を減らしていって、モチベーション保つためにたまにあげるとか、飼い主さんの工夫も求められます。
酷暑が続くので、冷房の効いた場所での練習は本当に助かります。

みんな、クタクタになって良く眠れますように!

 

Lab. BLANC   https://lab-blanc.com/

 

立ってマテ!

月1回のグループレッスン。みんな、一夜漬けしてないよね?????
って、ことで今回のお題は立った姿勢でのマテ。フセやオスワリと比べて動きやすい姿勢ですが、マテの合図で静止です。お散歩中に歩いている時など、急に止まって欲しい時に使えるワザです。
まずは、座っている状態、伏せている状態からスクッと立ち上がって歩かずに静止する練習からスタート。初めは鼻先に食べ物を付けた状態で釣ってOK。マテは他の練習でもできているので、「動かないんだな」という思考回路を立っている状態の時でも結びつけてあげます。それができたら、飼い主さんが犬から離れてみたり、犬の周りを1周したり、レベルアップしていきました。みんな、良くできました^o^

立って待つアルプ立って待つまめ千代

 

 

 

 

 

 

2018.4.16 Lab. BLANC      https://lab-blanc.com/

 

フセ、伏せ、ふせ!

 

 

 

 

 

今回のグループレッスンは、伏せて待つ練習でした。飼い主さんがオモチャを持っていても勝手にマテを止めて追いかけていかないか、伏せている犬の周りを人が回ってもそのまま待てるか?マテは落ち着きを取り戻してクールダウンする時にも使えます。

 

 

 

 

あら、カメラ目線の子は伏せてない! と思うかもしれませんが、この日がレッスン初参加。慣れない人や犬、初めての環境ですから周りが気になりますが、この後フセができてご褒美の食べ物をもらいました。緊張すると食べることもできないケースもありますが、初参加でクレート待機もできていますし、先が有望です!

いつでもどこでもどんな時でも飼い主さんと通じ合える仲になれるよう、グループレッスンの良さを活かして練習しますよ!

ちなみに、「おすわり」と言って犬を座らせてから「フセ」の号令をかけていると、「オスワリ」の号令で、オスワリ+フセの両方の行動をするようになりますのでご注意を!