タグ: アイコンタクト

犬のしつけで、アイコンタクトに関する記事です。

川崎市麻生区 心(ココ)くん(Mix中型犬)

川崎市麻生区在住 S様

森先生、こんにちは。
心(ココ)と私のトレーニングありがとうございました。
毎回先生とお喋りするのも楽しみの一つでした。

放浪していて保健所に収容され愛護団体さんにレスキューされた中型犬3〜4才の心。
保護犬を家族に迎えるのは三代目でしたが皆それぞれ違って、今回は放浪していたからか元々の性格か、興奮しやすくてスイッチ入ると暴れ馬のようになるわ、拾い食いはするわ、引っ張るわ、まだまだキリが無いくらいの問題犬のオンパレードでしたね。

一番は脱走させてしまったら!と言う不安から散歩が緊張の時間でした。

森先生に出会えて一つ一つ解決策を教えていただいて今では心も私も穏やかな気持ちで散歩が楽しみになっています。
アイコンタクトができるって愛情倍増です! まだ完璧ではないですけど(笑)

何よりもトレーニングを受けていた心が楽しんでいた気がします。

心はなんだかドンドン子犬に戻ってやり直しているのか?位に甘えてきて、だけど強い意志は持ってるようで…面白い子です。
まだ一年弱の付き合いですが、焦らずゆっくり楽しんで行きたいと思っています。

またお会いするまでに心と私が更に進歩しているようにできたらよいな~と思っています。
半年間ありがとうございました。

愛犬 心(ココ)くん Mix中型犬 推定3~4歳

ココくん(Mix)
アイコンタクトで愛情倍増!

神奈川県相模原市 パティちゃん(チワワ×トイ・プードル)

神奈川県相模原市在住 吉川様

パティが家にやってきたのは去年の9月、生後2カ月になろうかという頃でした。子供の頃実家で犬を飼っていたのですがお世話は全部母任せだったので、パティを迎えるまでに『仔犬の育て方』の本を何冊も読み、「あまりべったりし過ぎずに、ちゃんと家族の指示に従えるように育てよう」と思っていました。
でも実際にパティと暮らしてみるとそれはとても難しく、何をするにも心配で目が離せず、6カ月齢になった頃も拾い食いや風邪を怖れて抱っこでお散歩していました。しかし家の中でも危険な事は起こります。主人がうっかり置いたティッシュを食べてしまったり、ソファの背もたれに登ったり…このままではパティが安全に暮らせない。もっと楽しい思いもさせてあげたい。自分一人では限界を感じネットでトレーナーさんを探し森先生に出会いました。

トレーニングと聞くと厳しくて私もパティもたくさん怒られるのかなぁ、続けられるかなと不安もありましたが森先生のレッスンは叱る時とほめる時のメリハリがあり、先生が来てくださるようになってパティの目が生き生きしているのを感じました。私は叱る事が苦手なのですが、パティが安全に暮らしていくために時には叱るのも必要な事だと痛感しました。そして褒める時はおもいっきり褒める大切さ。
課題ができて「よし!イイコ!」とほめた時の喜び様は本当に可愛くて嬉しくなってしまいました。

今ではお散歩も毎日楽しく行っています。アイコンタクトをしながらの散歩は、とても幸せな気持ちになります。森先生には心配症な私の数々の質問・疑問に答えていただき、不安な気持ちを叱咤激励していただき本当に感謝しています。まだまだ課題はありますが教えていただいた事を日々続けてパティともっともっと通じ合えるように、パティの幸せが広がるように一緒に楽しんで頑張ります!本当にありがとうございました。

愛犬 パティちゃん チワワ x トイ・プードル ♀・1才

パティちゃん(チワワ×トイ・プードル)
散歩も楽しく行っています!

東京都町田市 タクト君(トイ・プードル)

東京都町田市在住 鈴木様

トイプードルのタクトが我が家にやって来たのは約1年半ほど前です。我が家に来てしばらくはトイレもすぐに覚え、お散歩も楽しんでくれ、あまり問題がないように思えました。
けれど姉が子どもをつれて帰って来たことで、子ども達との関係のストレスからか、段々と気性が荒くなり、トイレシートやゲージの掃除をしようと近づくだけで唸り、噛みつくようになってしまいました。
私も何度も噛まれ、どうすればいいのか分からず、悲しくて仕方ありませんでした。

藁にもすがる思いでネットで探し、森先生にレッスンをお願いしたのですが、レッスン前のカウンセリングの時点でタクトの現状を理解して下さり、ちょっとしたアドバイスを頂きました。
すると1週間ほどで変化が生まれ、ほとんど噛まなくなったのです。その後のレッスンでも、丁寧にタクトの姿を見てくださり、しつけのちょっとしたコツを教えて頂きました。

本当にちょっとしたコツや犬の特性を理解する事でいい子になると分かり、逆に自分は今まで何をしてきたのだろうと反省もしました。今ではダメの号令も聞くようになり、チャイムの音にも吠えなくなってきました。何だか表情も柔らかくなった気がして、可愛くて仕方ありません。
しつけをする事は飼い主も楽だし、犬にとっても楽な事なんですよとおっしゃっていた森先生の言葉、本当にそうだなと実感しています。本当にありがとうございました!

愛犬 タクト君 トイ・プードル ♂ 1才8ヶ月

タクト君(トイ・プードル)
号令も通じるよ!

神奈川県相模原市 ちすけ君(チワワ)

神奈川県相模原市在住 Y様

わが家のちすけ(チワワ・♂・2歳)は1歳半を過ぎたころから、激しく吠えるようになってしまいました。
玄関のチャイムや電話の音に吠え、隣の家の生活音に吠え、窓の外を飛ぶ鳥に向かって吠え・・・
そして、一度吠えだすと、いくら「ダメッ!」と言っても、おやつで釣ろうとしても、なかなか吠え止まず、チワワとは思えない大きな声で吠えるので、マンション住まいのわが家は、近所迷惑にならないかといつもハラハラしていました。それでも、外出先では比較的良い子だったので、まぁいいかと思っていたのですが、GWに行った旅先の宿で、ひどく吠えてしまい結局は車で寝かせることに。せっかくの旅先で、かわいそうな思いをさせてしまい、レッスンを決意しました。

レッスンの効果は、初回のレッスンから現れました。なんとちすけはその初回のレッスンで、概ね吠えることの我慢を覚えたのです。これまでもいけないことは「ダメッ」と言って教えているつもりでしたが、今思えば、そもそも「ダメ」という言葉の意味を教えていないのですから、ちすけには分かるわけありません。
初回のレッスンで「ダメ」の意味を理解してくれたちすけは、嘘のように吠えなくなりました。ちすけが悪かったわけではなく、しつけ方が悪かったんだと痛感しました!犬にとってわかりやすいしつけをすれば、こんなにも変わるものかと!!100%吠えなくなったかといえばそうではないですが、吠えてしまった時も「ダメッ!」と言えばすぐに吠え止んでくれるので、常にハラハラしていた以前に比べ、私自身にも心の余裕ができるようになりました。
吠えの他にも色々問題があったちすけですが、レッスンを重ねるうちにひとつずつ解決していくことができました。そしてレッスンを始めてから、教えたわけではないのにアイコンタクトも上手になり、こちらが言っていることを一生懸命考えてくれているみたいに感じます。

夏休み、吠え癖が直ったちすけと伊豆旅行を満喫しました!レッスンを受けて本当に良かったと思っています。どうもありがとうございました!!

愛犬 ちすけ君 チワワ♂・2才

ちすけ君(チワワ)
伊豆旅行を満喫!

東京都町田市 ラッキーちゃん(ミニチュア・ダックスフント)

東京都町田市在住 鄭様

ミニチュアダックスのラッキー(♀)との出会いは去年の7月の事でした。産まれてから42日目で迎えて僅か600gだけしかなくずっと寝ていた子ですが、迎えて一週間位経ってから鳴く癖が付き、脱毛や子犬特有の風邪など様々な症状が出てきました。室内犬を飼うのは初めてで何も分からない若夫婦なのでどうすればいいのか良く分からなく、友人の紹介で森先生にカウンセリングして頂く事になりました。

森先生がラッキーと会った時の最初の一言は『小さいですね!ご飯はどのぐらいあげてますか?』
ラッキーのママ: 『一回10gで一日三回あげてます』
森先生: 『ラッキーの一日分は90gを与えなきゃいけないのですが、一日一食の量しかあげてないという事になります。それでは鳴くし、栄養が足りません。今すぐご飯をあげて下さい。』

以上一連のトラブルをきっかけに、我が子の問題ではなく飼い主の私が問題だと分かり、早速、森先生にレッスンの依頼をしました。ラッキーには楽しい社会化のレッスンはもちろん、飼主の私にもラッキーの心理、健康状態、信頼関係の築き方を教わりました。そして一番重要な私とラッキーの一番暮らしやすい環境を作りました。

例1:

夜は必ずクレートで寝かせて一人の時間を与える。
それによって一人でクレートにいても不安にならないようにする。
また、クレートを好きになって貰うにはご飯をクレートで食べる、お出かけはクレートで移動する。
クレートは安全、安心でいられる場所だと教える事が大切。

☆今はクレートがあれば、連れて行かれる季節では車の留守でも爆睡します。
旅行もお泊まり出来るし、預けるときも大人しくクレートで休みます。

例2:

トイレの練習は苦戦でしたが、ラッキーの排泄は4ヶ月齢位に号令で出来る様になりました。
そして、5ヶ月齢には安定し始めて自分でサークルのトイレに戻り排泄をするようになりました。

☆今は、友人の家や車の中など、色々な環境でもトイレシートがあれば、号令で排泄をする事が出来ます。

その他は、「待て」「おいで」「アイコンタクト」など、様々な授業を受けて日常生活にいつも役立っています。我が子を育てるうちに私も育てられました。もっともっと暮らしやすくなるために、犬も人間も沢山の我慢が必要です。お互いの努力があったから、ラッキーを飼うことの大変さを一度も味わった事はありません。
森先生の指導のおかげで今まで順調に育っていますが、成長して思春期に入り、成犬になっていくのでこれからも分からないことが出てくると思います。その時は、また森先生に相談をして楽しいドックライフを送りたいと思います。森先生、ありがとうございました。

愛犬 ラッキーちゃん ミニチュア・ダックス♀・11ヶ月

ラッキーちゃん(ミニチュア・ダックスフント)
初めてのクリスマスの時
ラッキーちゃん2
おでかけ大好き!

神奈川県相模原市 メイトちゃん(イタグレ)

神奈川県相模原市在住 新美様

生後8週のアミカを迎えるにあたり、パピートレーニングをお願いしました。
先住犬メイトを迎えた時は「子犬の社会化」ということを知らず、散歩も大嫌いで3歳を過ぎた頃から大きな犬に威嚇吠えするようになったので、2頭一緒にドッグトレーニングを開始しました。

怖がり犬メイトの散歩トレーニングは、このレッスン内容が散歩に何故関係があるのか?最初はピンときませんでしたが、大きな犬とすれ違う時も、飼い主に意識を集中させることで平静を保ち吠えなくなりました。日常生活の中でもアイコンタクトが色々な困ったことを回避するために役立っています。

2頭になっても今まで同様に色々な所に出かけたいため、クレートトレーニングも必要でした。
パピーレッスンにクレート練習は入っていたので、アミカはクレートに抵抗無く育っていますが、メイトはクレートに頭すら入れられない程、閉鎖されている環境に恐怖心がありました。
4歳では今更絶対に無理だと思っていましたが、森さんの熱心な指導とヒントで、今では気づくとクレートで昼寝している子になり、本当にビックリです!

東日本大震災で大きな揺れを感じた関東ですが、ストレスなくクレートで過ごせる犬にするしつけは、緊急時、避難時の安全面でもとても重要だと思いました。

犬のしつけ、ドッグトレーニングは、犬と飼い主との絆を深めるだけでなく、より安全にもっと幸せに暮すために必要なことだと思いました。
たくさん教えていただいたことを、これからも繰り返し続けていこう思いますし、友達にもパピートレーニングやドッグトレーニングの必要性を伝えていこうと思います。

愛犬 メイトちゃん(奥) イタグレ・♀・4歳

東京都町田市 政宗君(柴犬)

東京都町田市在住 中川様

初めて我が家に子犬を迎えることになって、生後3~5ヶ月の間お世話になりました。
初対面の時から、政宗が森さんを大好きだったこと、たくさんのアプローチ方法をお持ちで、政宗に合ったトレーニングを選べたこと、 大変勉強熱心で、全ての疑問を解決して頂けたことなど、巡り会えたことに感謝しております。
今では、お散歩で会う飼い主の皆さんに、初めての柴犬のお友達と言っていただき、フレンドリーなよい子に育って親子で楽しく過ごしております。

レッスンが終わった今、政宗は色々なマテ! アイコンタクト、車に乗る練習、シャンプーになれる練習を続けてトレーニング中です。3ヶ月間お世話さまになり、ありがとうござました。

愛犬 政宗君 柴犬 ♂・6ヶ月

正宗君(柴犬)
姿勢正しい日本男児!