カテゴリー: 犬の歯磨きトレーニング

犬の歯磨きのトレーニング、ドッグトレーナー森が主宰する、DDCTS(ドッグデンタルケア・トレーニング・ソサエティ https://ddcts.org)の活動と、犬の歯みがきトレーニングをしている飼い主さんに関する記事です。

資格ってナニ?


このところ、犬の歯みがきに凝っているアタクシの疑問。
(写真は歯みがき練習に付き合うロダン選手)
アメリカで認定資格を取ったという人が獣医師でもないのに犬の歯石除去(治療行為)をしている。日本は日本の獣医師法が適用される上に、アメリカやカナダでも獣医師の資格を持たない人が動物の歯科処置をしたり、動物看護士が許可のない施設で診療行為をすることは法律で禁じられているのに、アメリカで取った歯石除去の資格っていったい何?
で、何の言語で講義受けてるんだろう。 
無麻酔だから安全だと思って、12000円(私が見たチラシ)の処置費を支払って、消毒や研磨も充分にしていないスケーラーを使って素人に愛犬の歯石除去してもらうのって、本当に安全なんだろうか?と、考える飼い主さんが増えて欲しい。そして、歯周病予防に愛犬にも「歯ブラシ」で「歯みがき」をして欲しい!
ちなみに、ロダンは水を付けた歯ブラシでの歯みがきで、今まで歯周病も口臭もありません。トレーナーの犬だからではないですよ。毎日歯みがきしているからです^^

歯みがき練習中☆陽太君(町田市)

ラブラドールの陽太君、1歳9ヶ月。パピーレッスンからずっと継続してトレーニングを続けています。パピーレッスンでは体のどこを触っても平気でいられる練習をするので、耳掃除や歯みがきも上手にできるようになります。大型犬は口も大きいので歯みがきしやすいですよね。ご家族ひとりが顔を固定して、もうひとりが歯ブラシ係。顔が動いてしまうと、せっかく歯ブラシという物体に慣れていても歯ブラシが歯に当たらないというもったいないことになるので、動かずにいられることは上手に犬の歯みがきができることにつながっていきます。陽太君の歯みがきは旦那様が毎日やっているそうです。

「うちの犬は歯みがきをさせてくれない」という飼い主さんも多いのですが、人が一方的に犬に歯みがきを強制して、できない+やらない理由を言ってやらないことを正当化するのではなく、どうやったらうまくいくのかを考えてご夫婦で力を合わせて歯みがきを続けている陽太君の飼い主さんの愛が陽太君にも伝わっていると思います^^

犬の歯みがき陽太

 

 

 

 

 

犬の歯みがき講座

 

犬の歯みがき教室

犬に歯みがきがなぜ必要? オオカミは歯みがきしないじゃん。。。
などなど、犬の歯みがきを語ると明日になってしまうくらい、今、力を入れています。別途、犬の歯みがきトレーニングを推奨する任意団体を立ち上げて活動中です。非常勤で勤務している麻布大学(相模原市)の施設で犬の歯みがき講座を開講させていただけることになり、沢山の方にお越しいただき、重要なことを沢山お伝えすることができました。只今、愛犬と参加する講座開講中です。

コチラ↓もご覧いただけると嬉しいです。

*ドッグ デンタルケア. トレーニング ソサエティ*

https://ddcts.org

どうぞ、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

「あ~んっ」と、「い~」

犬の歯みがきエルモ

あ~んっ、

犬の歯みがきエルモ

いいいのい~

犬の歯みがきエルモ

歯みがきをするために口を触られる練習を頑張っているのは乙女のエルモちゃん、ミニチュアシュナウザーです。初めて歯ブラシを見た時の印象がとてもよかったようで、歯ブラシを見ると近寄ってきます。平行してパピーレッスンで体の色々なところを触る練習もしているので、「あーんっ」とか、「い~」も嫌がりません。
秘訣は楽しく覚えること。飼い主さんもノリノリでした。そりゃそうですよね。だって上手に受け入れてくれるように練習したし、気だって遣いましたから。
ずっとピカピカの歯で、お口の中の健康状態も良いままでありますように!

Lab. BLANC https://lab-blanc.com/

歯みがき練習中☆アルプちゃん(黒柴, 相模原市)

アルプ病院

 

 

 

 

 

ご自宅での歯みがきトレーニング修行中の黒柴アルプちゃんは3歳。パピーレッスンの時からのお付き合いです。保定がニガテなのですが、歯の検診のためにご家族が保定の練習と、歯周病にならないように歯みがきの練習をがんばっています。

何がどうニガテで病院でどうなってしまうのか?

ご自宅と異なる環境と顔見知りでない人が沢山いる病院です。ドキドキすれば病院に入るところから犬の緊張は始まります。口周りをさわったり、口を開ける練習をしたり、自宅ではできていても病院で同じようにできるかどうかは別問題。

そこで飼い主さんが実行したのは、診療する前の段階で、病院や看護師さん獣医さんに慣れる練習。

これってすごくないですか? だって、、、慣れなければ診察に至らないですから。さらにすごいのは病院でそれを受け入れて下さったこと。もちろん予約は取りますが、少しでもニガテ感が薄まるように、看護師さん達がやさしく声をかけてくれました。

病院待合室には重要な事が書かかれています。

「抜歯は歯の安楽死」

がんばれ、アルプちゃん!応援していますよ~^^

 

2018.4.30 Lab. BLANC https://lab-blanc.com/

みんな歯みがきトレーニング中!

このところ、犬の歯みがきトレーニングにご関心がある飼い主さんが急増中で、嬉しい悲鳴です>0<  パピー~ジュニアレッスンには必ず歯みがきの項目を入れているのですが、成犬や里親として犬を迎えた飼い主さんも「今からでも遅くない!」と、日々練習しています。

ドッグ デンタルケア. トレーニング ソサエティのご紹介

犬の歯みがき

 

 

 

 

2017年1月に、ドッグトレーナー仲間と一緒にドッグ デンタルケア. トレーニング ソサエティ を立ち上げ、1年が過ぎました。

歯周病のことを知り歯ブラシの選定などを含めて、犬の歯みがきをどうやって練習すればよいのか? 口内環境を良い状態で保ちつつ、犬生とご家族の日常に必要なドッグトレーニングも併せてメンバー7人でお伝えしていきます。(各メンバーが個人レッスンも承ります)

詳細はhttp://ddcts.org をご覧いただけますようお願いいたします。ご要望などがございましたら、HP内のお問い合わせ欄からご連絡をお待ちしております。

どうぞ、よろしくお願いいたします。