カテゴリー: 犬の歯磨きトレーニング

犬の歯磨きのトレーニング、ドッグトレーナー森が所属する、DDCTS(ドッグデンタルケア・トレーニング・ソサエティ.)の活動に関する記事です。

歯みがき練習中☆アルプちゃん(黒柴)

アルプ病院

 

 

 

 

 

ご自宅での歯みがきトレーニング修行中の黒柴アルプちゃんは3歳。パピーレッスンの時からのお付き合いです。保定がニガテなのですが、歯の検診のためにご家族が保定の練習と、歯周病にならないように歯みがきの練習をがんばっています。

何がどうニガテで病院でどうなってしまうのか?

ご自宅と異なる環境と顔見知りでない人が沢山いる病院です。ドキドキすれば病院に入るところから犬の緊張は始まります。口周りをさわったり、口を開ける練習をしたり、自宅ではできていても病院で同じようにできるかどうかは別問題。

そこで飼い主さんが実行したのは、診療する前の段階で、病院や看護師さん獣医さんに慣れる練習。

これってすごくないですか? だって、、、慣れなければ診察に至らないですから。さらにすごいのは病院でそれを受け入れて下さったこと。もちろん予約は取りますが、少しでもニガテ感が薄まるように、看護師さん達がやさしく声をかけてくれました。

病院待合室には重要な事が書かかれています。

「抜歯は歯の安楽死」

がんばれ、アルプちゃん!応援していますよ~^^

 

2018.4.30 Lab. BLANC https://lab-blanc.com/

みんな歯みがきトレーニング中!

このところ、犬の歯みがきトレーニングにご関心がある飼い主さんが急増中で、嬉しい悲鳴です>0<  パピー~ジュニアレッスンには必ず歯みがきの項目を入れているのですが、成犬や里親として犬を迎えた飼い主さんも「今からでも遅くない!」と、日々練習しています。

ドッグ デンタルケア. トレーニング ソサエティのご紹介

犬の歯みがき

 

 

 

 

2017年1月に、ドッグトレーナー仲間と一緒にドッグ デンタルケア. トレーニング ソサエティ を立ち上げ、1年が過ぎました。

歯周病のことを知り歯ブラシの選定などを含めて、犬の歯みがきをどうやって練習すればよいのか? 口内環境を良い状態で保ちつつ、犬生とご家族の日常に必要なドッグトレーニングも併せてメンバー7人でお伝えしていきます。(各メンバーが個人レッスンも承ります)

詳細はhttp://ddcts.org をご覧いただけますようお願いいたします。ご要望などがございましたら、HP内のお問い合わせ欄からご連絡をお待ちしております。

どうぞ、よろしくお願いいたします。