タグ: 散歩

犬のしつけで、散歩に関するお悩みです。

成犬レッスン中☆シロ君 (町田市 ビションフリーゼMix)

ビションフリーゼMix のシロ君とは今年初めてのレッスンで久しぶりに会うことができました。
お散歩の練習や歯磨きなど、自主練を続けて、ご家族が色々工夫したり、
シロ君の行動をしっかり観察して、どう対処するかや練習に必要な事なども考えてくださっています。

お散歩の練習はというと、、、
リードが緩んだ状態で歩けるのですが、犬が目線に入ってしまうと前のめりの姿勢になってしまい吠えが始まります。
只今、ソコを改善中です。

飼い主さん曰く、「ラブラドールとかは絶対ダメかも~」との事なので、
練習台に最適な(?)ラブラドールのロダン選手が出動=3=3=3

とは言っても、
ロダンは5ヶ月齢の時にイングリッシュセター3頭にリンチ状態に遭ってから
(その後、大型雑種の黒い犬多頭飼いからも同じく…orz)
知らない犬への警戒心は強く、トラウマになってしまっています…。
強烈な恐怖や印象が1回でもあると、生涯続く事もあります。
(ロダンを守る事ができず、相手の飼い主さんは自分の犬が他の犬を負かした事に優越感を感じる方で制止しても話にならず、アタクシの一生の後悔となっています)

なので、
犬に吠えてしまう愛犬をどうにかしたいと思う飼い主さんのお気持ちは本当によくわかります。

吠えてしまう原因は色々ですが、
* 接近欲求(相手の近くに行って確認したい、遊びたい)、
* 警戒心や恐怖心、
* 葛藤(近くに行きたいけどどうしようか…安全な相手なのか疑心暗鬼)
* 犬に挨拶ばかりさせている事に依る、犬中毒(挨拶したい要求吠え)
などがあります。

1歳前後から他犬への吠えかかりが出るケースが多く、シロ君の吠えもその頃から。

で、ナンの練習をしたかというと、
道路の反対側を歩いてお互い存在を把握してから、少しずつ距離を近くしていきました。

ココでの練習は挨拶をさせることではありません。(挨拶させるのは交流)
気になる犬がいて存在を確認しても気にしないことです。
それが社会化。
(アナタはすれ違う知らない人に、必ずもれなく、挨拶しますか?)
そして、一緒にいる家族に意識を向ける事です。

吠えずにすれ違いの練習ができて、その後1m位まで近くに来ることができました!

しかも、飼い主さんにしっかりアイコンタクトをしています^^
(アイコンタクトの号令は出していません)

途中、何頭かお散歩している犬が通りかかりましたが吠えないココロでいることができましたよ!

シロ君にとってロダンは「知っている人が連れている知らない犬」ですので、
全く知らない人が連れている知らない犬への反応や、
時間をかけての接近だったので、通常のお散歩でのすれ違いとは状況が異なり、
わざとらしい練習ではありましたが、
「吠えなくても大丈夫だった」「やり過ごすことができた」という経験をすることができました。

日々のお散歩で自主練は続く…
応援しています ^o^/

posted 2022.5.7

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています

 

祝卒業☆ベク君 (町田市 大型Mix)

「保護犬から過保護犬になりました!」
そう言って笑顔で近況をお話して下さるご家族。
お父さんはいつも気の利いたジョークで明るくレッスン時間を過ごすことができるので、毎回お伺いが楽しみでした。

ベク君は山口県周南市で他のきょうだいと一緒に子犬の時期に保護されて、今のご家族のところに引っ越してきました。
お名前の由来はベージュと黒の毛並みから。

高い声で話しかけると首をかしげて一生懸命聞いてくれています。
吠えることも本当に少なく、イタズラもあまりありません。

ご家族と沢山散歩に行ったり遊んでもらったり、他の犬とも上手にご挨拶して交流もできます。
野犬の子だったとのことですが、独特の怖がりの状態はなく、本当に暮らしやすく育ってくれています。
レッスン期間中にニョキニョキ成長して、体重20kgになり、足が長くてスラリとした体型です。

まだまだワンパク小僧で青春時代を謳歌している時期ですが、楽しい毎日を過ごせることを願っております!

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています

祝卒業☆はる君そらちゃん (町田市 柴犬)

胴胎きょうだい犬(お母さんのお腹の中に一緒にいました)はる君とそらちゃんも今年3月で2歳になります。

パピーレッスン開始時は、いつ止まるの~? というくらい活発だったのと、
柴犬あるあるの、「体を触られるのが苦手」を「触られても大丈夫」にする練習を、ご家族と一緒にがんばりました!

ハーネス着脱、首輪着脱、足拭き、爪切り、ブラッシング(柴犬の換毛はてんこ盛りになる抜け毛です)、耳掃除、目やにを取る、シャンプー、などなど。

日々、体を触られることが沢山あります。
この事は、オスワリやフセよりも優先して練習してきました。
(もちろん、今はオスワリやフセもできます)

レッスン期間中にはる君が大きな手術が2回とリハビリがありましたが、
飼い主さんご家族の励ましとはる君の頑張りで克服して、本当にホッとしています。

お散歩も家族が2頭牽きできるという仲良し兄妹で、2頭による争いもなく平和に暮らしています。
いつも訪問時は目を細くして、耳ペタ、尻尾が取れそうなくらいブンブン振ってお出迎えしてくれたお二方。
これからも家族と仲良く楽しい時間を過ごしてね^^

posted 2022.1.10

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています

Jr.レッスン中☆パールちゃん&ラリマちゃん(大和市 ボーダーコリー)

日向ぼっこする胴胎姉妹犬のパールちゃんとラリマちゃん。
パールちゃんの方が少し体が大きく、もうすぐ1歳になります。

ボーダーコリー2頭飼い、しかも姉妹で…orz
と、飼い主さんの大変さを予想すると、w*o*w な気持ちでした。
クレートの屋根に上り120cm のサークルを乗り越えて脱走、家の中がドロボーが入ったようになったりしたこともありました。

が、

予想を裏切り、子犬期ならではの色々な行動はありますが、順調に育っております。
ほっ。。。^o^

飼い主さんに口をすっぱくして繰り返しお伝えしたのは、
「犬どうしで遊ばせ過ぎないこと」
もちろん、一緒に住んでいるので一緒に遊ぶのをほほえましく見守りたいですが、
犬どうしと遊ばせている最中には家族の存在は無いのです。
そして、どう考えても同じような動きとテンションになる犬どうしと遊んだ方が楽しいに決まっています。

で、その結果どうなるかというと、

家族との意思疎通が薄い関係になります。
例えば、呼んでも来ない、ハウスに入らない、など。

大型犬や活発な犬種の飼い主さん達にありがちなのは、犬同士遊ぶと楽しそうだし、
人は楽して犬が疲れる、という発想。

で、

その結果どうなるかというと、

散歩中に他の犬を見ると接近欲求が強くて遊べないと吠える、引っ張るなどが発現します。
これを行動修正するのが、すごーく大変なんです。

なので、
1頭ずつ交互にご家族と遊ぶことをオススメしています。
パールちゃんが家族と遊んでいる時は、ラリマちゃんはクレートやサークルで出番待ち。
独立した空間で1頭で過ごす練習も兼ねています。
「アタシも出してーーーー!」と、はじめはなりますが、
待っていたら遊んでもらえるとわかると騒ぐことはなくなりました。

今では2頭で遊んでいてもご家族が呼ぶと、ちゃんと2頭とも呼んだ人のところに行きます^^v
色々練習中なので、変化が楽しみです!

そして、いただいたコチラ。

ご褒美のオヤツなのですが、鶏胸挽肉で手作りした一口ハンバーグ。
つなぎにヨーグルトを使ったそうです。
味付けはしていないので、人が食べる時はケチャップつけると美味しそうです!
焼きたてを味見させていただき、こんなに美味しいの食べられるとは、、、
ぜったい、練習は楽しいはず!
と、確信したのでした^^

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています

パピーレッスン中☆ソル君 (相模原市 ワイマラナーMix)

ソル君はワイマラナーとダルメシアンのMixです。
果たしてどの位の大きさまで成長するのか、すごく楽しみです!

で、体重がどんどん増えていくワケですが、、、
引っ張られて、
捻挫、腱鞘炎、骨折、脱臼など、飼い主さんがケガをするケースも考えられます。
もちろん、持っていたリードが手から外れて逃走なんてことになったら、
もう、心配というか、追いかけても犬の方が足が速いし、追いつけません💦
(そのような不測の事態に備えて、日頃から呼び戻しの練習をしましょう!)

時々ニオイや落ちているものに誘惑されながらも、リードが緩んで「し」「J」になっている状態で歩行速度もご家族に併せて歩くソル君には👏喝采です!

が、
安心してはなりませぬ。

性成熟する頃や1歳過ぎてくると、左右に蛇行歩行したり、引きずられそうな位強い引っ張り、
まるでウィンドーショッピングするかのように色々寄り道…。

などの行動が出る場合も少なくありません。

なので、上手にできている時に、「できてるよ~」「それ、やって欲しいことだよ~」と犬に伝えてあげたいですね。
そんな時に役立つのが、「褒め言葉」や、「ご褒美」です。
この日のソル君のご褒美は、茹でた牛肉でした!
もらったら「やったー v^^v」と思ってくれるはず!

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています

トレーニング内容:

ルパン小僧、集団散歩の練習をする

「犬の社会化」という言葉がだんだん世の中に知れ渡ってきていますが、
勘違いしやすいのが、犬への社会化というのは、他の犬と誰でも仲良く挨拶できたり遊べたりするということではありません。
挨拶したり遊ぶのは交流であって、社会化とは別のものです。
このところ、これを理解していないドッグトレーナーもいます…orz

犬との社会化は、すれ違った時や見かけた他の犬への過剰な反応を起こさないことを含んでいます。
私達人間は、知らない人と道ですれ違った時に、いちいち、握手したり会釈したり、ハグしたり、
はたまた、目が合ったと言っていちゃもん付けてきたり(する人もいますが…)って、無いですよね?

犬も犬に対する社会化は同じです。
毎回犬を見るたびに、のべつくまなくそばに行きたい接近欲求や、
挨拶(相手のニオイを直接嗅ぐ)しないと気が済まない、
おまえダレなんだよ?とチンピラ状態で絡む、
怖いなー、来るなよ追っ払ってやる!
という行動が見られないことが理想です。

もう一つの勘違いは、犬の社会化を○歳までに終わらせるというもの。
社会化期(生後12週~14週齢まで)は一生に一度しかありませんが、その後の社会化は一生です。

友人達とのたまにの集団散歩で、課題や確認をさせてもらっています。
ルパン小僧は未去勢なので、他の未去勢男子や先輩男子と平和に過ごす、
女の子にしつこく迫らないなどを心がけながら色々修行しています。

この日は総勢7頭での散歩でした。
だいぶ慣れてきたかな~

これからは気温と湿度をチェックしながらのお散歩だな~
熱中症にはくれぐれも気をつけてながらお散歩を楽めますように^^

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています

トレーニング内容:

Jr.レッスン中☆パールちゃん(大和市 ボーダーコリー)

2020年11月生まれの女の子。
こちらのブログ でご紹介したラリマちゃんと姉妹犬です。
(同じおかあさんのお腹にいた犬のことを胴胎犬といいます)

ボーダーコリーのお仕事は皆さんご存じの方が多いように、
羊が群れから離れて迷子にならないように集めたり、
羊の群れを移動させたりすることを人間と共同作業をしていました。(←過去形)
正確には、今もお仕事しているボーダーコリーは海外では沢山いますが、
日本ではお仕事しているケースはほんのわずかです。

と、いうことは、、、
日本のボーダーコリーは失業中ではないかっ!!!!!
ボーダーコリーに限らず、人と作業するために作り出されて共同作業が得意な犬種達は
失業している子ばかりでは!?

牧羊犬に見られる困った行動(犬達にとっては当然の行動)で、
車や自転車を追いかけてしまうことがあります。
(ちなみに、牧畜犬のコーギーはかかとを咬むのが得意です)
当然リードが付いていればその長さ範囲でしか動けないので、
目一杯リードが延びたところで、その場でクルクル回ってしまうことも多いです。

なので、
追いかける対象を家族にする意識を持ってもらうためにも、
人を追う習慣をつけるのがお勧めです。
別に走って追いかけてくることばかりではなく、
一緒にいることを意識してもらい、人が前進していたと思ったら
急に後退したり、右や左に動いたりしても、
おっと、そっち行くの? っていう感じで追ってきます。

パール

おかあさんと練習中のパールちゃん。
「ついて」とか、「サイド」や「右」などのコマンドは教えていません。
でも、リードが緩んだ状態でついてきます!
引っ張らないお散歩にも繋がってきますよ。

まだまだ行動の変化が沢山でてくるお年頃ですが、それも犬と暮らす醍醐味です。
練習は続く…。

ちなみに、、、
初めて犬と暮らす人にボーダーコリーやジャックラッセルはお勧めしません。
有り余る体力と頭の良い犬を満足させて仲良く暮らすには、
家族にも有り余る体力と一緒にアクティビティを行う時間が(+お金も)必要です。

皆さんは自分の愛犬の本来のお仕事や気質、どういう目的で作られた犬種かご存じですか?

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています

 

 

Jr.レッスン中☆ラリマちゃん(大和市 ボーダーコリー)

2020年11月生まれのボーダーコリー、ラリマちゃん。
ボーダーコリーの毛色?って思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
はい、ボーダーコリーです。ブルーマールという種類なんですよ!

この日は天気も良かったので外で練習しました。
練習内容は、「人のそばにいること」です。
「ヒール」や「ついて」のコマンドは教えていません。
リードを持った人の動きを気にしたり、ラリマちゃんの方から気にしてアイコンタクトをとってくる、
と、いう状況です、ね。
で、コマンドでの「アイコンタクト」は教えていません。

今のところ、ご褒美は食べ物と声かけです。
どちらも好きでなければご褒美にならないので、そこは事前に練習していますよ!

驚く事なかれ!
リードを持ってラリマちゃんと練習しているのは、小学5年生の女の子。
ビックリする位、ラリマちゃんの行動をチェックして気持ちを考えながら対応しています。
日常のお世話もしっかりしているとご両親からもお聞きしています。
いやぁ、、、本当にすごいです。
ラリマちゃんの専属トレーナーさんですね^^

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています

成犬レッスン中☆杏ちゃん(八王子市 Mix)

どこでどういう生活をしていたのかはナゾな杏ちゃん。
なぜなら、保護犬なんです。
預かりのボランティアさんのところから今の家族に迎えられて
今、色々と慣れてきはじめているところです。

なかなかシャープなお顔立ちでしょ!

ご家族が一番気をつけていることはお散歩中の逃走。
保護犬あるあるですよね…。
かなりの確率で保護犬の飼い主さんから逃走のお話をお聞きします。
私の知り合いの方の犬は、町田市から逃走して福生市で見つかっておうちに戻った子も…。

呼び戻しができればそれに越したことはありませんが、どの犬も練習が必要です。
杏ちゃんの場合、生活していく環境や家族とのやりとりに慣れるのを優先しているので、お散歩のスタイルは写真のようになっています。

杏

ハーネスと首輪を繋げるようにして、万が一首輪がすっぽ抜けてしまってもハーネスがお守りになってくれる(その逆もあり)ようにしています。
(黄色いカラビナは強度不足なので、耐荷重がしっかりある登山用にカラビナに現在交換してもらっています)

「首輪は指2本入る位の余裕もって」
などは絶対にNG! ビックリしたり怖かったりした時に犬が後にさがると首輪がすっぽ抜けます。ピッタリと首に装着している状態がお勧めです。
首輪とハーネスそれぞれにリードを着けて、リードが手から離れて絞まった場合の対策もしていますよ!

杏ちゃん、首輪やハーネスの装着は嫌がらず◎です ^^
美味しい食べ物を持った飼い主さんと一緒に、只今お外で歩く練習中です!

***
保護犬を迎える方が多い一方、犬との暮らしに思っていたことと違うことや
予想外のことが多々あります。
ゆっくりゆっくり、
本当にゆっくり、
でも練習をしていけば、色々克服できたり、良い関係に変化していきます。
三歩進んで二歩下がる(たまに四歩さがっちゃうこともあっても)でもかまわないので、愛犬の変化をゆっくり見守りながら一緒に暮らすのに必要な練習をしていくことをオススメします!

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています

 

祝☆卒業 ルルちゃん (町田市 ゴールデン・レトリーバー)

以前もゴールデンの女の子と暮らしていたご家族ですがお別れがあり、でもすぐに、新しいご縁があってルルちゃんを迎えて、すぐにパピーレッスンの御依頼をいただきました。
おうちには、モモちゃんという猫もいるのですが、とっても仲良しです。
ルルちゃんは猫パンチされてもモモちゃんにちょっかい出したりしています^^

ゴールデン ルル

クールビューティーなルルちゃん

レトリーバーは誤飲が多いので、パピーレッスン時は早い段階で、咥えたモノを放す、
勝手に落ちているモノを取らない、という練習をします。

小学生のお子さん、中学生のお兄ちゃんも毎回一緒に参加してくれて、
ご家族全員にレッスン時にまんべんなく練習のコツをお伝えできて本当によかったです。

継続レッスンして下さったので、他に車に乗降、レインコートを着る、ハーネスの着脱、歯磨き、など、沢山練習できました。
一緒に出かけたりした時に、人の食事中にそばで自分のマットの上で伏せて待つ練習は
日々、ご家族の食事中にもれなく練習できるので、とても上手になりましたよ!

お散歩時、一緒に行くメンバーの人数によって、沢山散歩するか、早めに家に帰るか決めているルルちゃん。お父さん曰く「多数決の原理を知ってる!」とのことでした。
近所に大型犬の犬友もできて、青春謳歌中です。
これからもご家族と楽しい犬生をすごせますように^^

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています