カテゴリー: 生徒さんの声(成犬トレーニング)

Lab.BLANC ドッグトレーニングでお勉強した成犬の生徒さんの声のご紹介です。

東京都町田市 福太郎君・幸子ちゃん(コーギー)

東京都町田市在住 小泉様

福太郎の散歩トレーニングを終えて。
大好きな散歩の時は全エネルギーを使ってあっちこっちにマーキングをし、自分の行きたい方向にリードを引いていました。
私はリードを力一杯引っ張りつつ歩く状態で、お互いいつも綱引きをしているようでした。そのため、大好きなおやつのご褒美を活用して、飼い主を意識して歩くトレーニングをしました。歩いている時に、私に注目したり気にしたりする度に、「いい子!」と、褒めるのを繰り返すうちに、福太郎は常に私を注意して歩き、私も「いい子!」と自然に声をかけられるようになりました。

言葉や食べ物のご褒美を与えるタイミングや方法を、隣で一緒に歩いて下さる森さんのおかげでとても心強く、いつも歩いている散歩コースで練習できたのが良かったです。
今では、食べ物のご褒美がなくても、しっかり飼い主を意識して歩けるようになって、綱引きをせずに福太郎も私も楽しくお散歩ができるようになりました。 途中ですれ違う人にも、「ご主人の顔を見てお利口さん」と言ってもらえるようになり、 とても嬉しいです。

そして、夏に新しく家族に迎えたコーギーの幸子とは、今、パピートレーニングをしています。トイレトレーニング、色々な事に慣れる社会化、体のどこを触っても平気でいられるレッスンなどをしていて、これから先、家族みんなで更に楽しい生活ができそうです!

愛犬 福太郎君(左)♂・6才/幸子ちゃん(右)♀・5ヶ月
ウェルッシュ・コーギー・ペンブローク

福太郎くん・幸子ちゃん(ウェルッシュ・コーギー・ペンブローク)
2頭の名前は“幸福”です!

神奈川県相模原市 ショコラ君(ミニチュア・ダックスフント)

神奈川県相模原市在住 梅田様

私の家族は、私達夫婦と子供(9ヶ月)主人の父、私の両親とショコラの6人と1匹で暮らしています。
トレーニングは今回で2回目の挑戦でした。 理由は、ショコラが家族に本気で噛みつく!です。もちろん吠えるのも半端ないです。 (数年前、やはり同じ理由で別のトレーナーさんからレッスンを受けたことがあったのですが、 すぐには直らず、成犬だし、もう7歳(当時)だし、と諦めていました。)

今まで私は噛まれることはなかったのですが、去年、興奮気味のショコラの近くにいたら噛まれてしまい 当時妊娠5ヶ月の私は毎日点滴に通うことに… そして今年、今度は父が噛まれました。(父は何回も噛まれてます) さすがに、今は赤ちゃんもいるしこのままだとマズイ!と思い、ドッグトレーナーを検索してHPでHITしたのが森先生との出会いでした。

正直、また一緒でしょ!と思っていましたが、 なんと、レッスン2回目からショコラがあまり吠えなくなり、噛みやうなりも改善されて顔も穏やかに! そして、今では伏せもできるようになったし…なんていい子なの!! という感じです。

なぜ、こんなに違うのか?と考えました。 まず、森先生のアドバイスが適切で、また、ショコラと家族の関係を考えたレッスンをしてくれたからだと思います。 もちろん、色々なスタイルがあると思うのですが、マニュアルではなく梅田家にあったレッスン! そしてなにより、父が森先生の話を理解できたこと。(70才にもなると、なかなか難しいところ、分かり易く根気よく教えていただけました) 今は毎日父がショコラの訓練を欠かさずしています。 むしろ、私が子どもの世話をしていたら、「落ち着いた時間に、伏せの練習しようか」などと声をかけてくれるようになりました。

なんだか、ショコラを通して家族の絆も深まっていくような気がします。 本当に森先生にお願いしてよかったです。 これからも家族と一緒にレッスンを継続していきたいと思います。 ありがとうございました。

愛犬 ショコラ君 ミニチュア・ダックスフント♂・9才

ショコラ君(ミニチュア・ダックスフント)
70才のジジがトレーニング中

東京都町田市 モモちゃん(ミニピン)

東京都町田市在住 榊様

きっかけは某TV番組で「ダメ犬克服」コーナーを見ていて、主人と「うちのもダメ犬じゃん!」と意見が一致したことからでした。 我が家には3歳半になる小さなお姫様、ミニピンのモモがいます。
迎えたばかりの頃は、何事にも動じず、吠えることもない手のかからない子だったのですが、ある時期を境に無駄吠えが激しくなっていき、自然と家族以外との接触を避けて過ごしてきていました。
モモを外に連れ出すと、すれ違う人や犬、バイク、車と、動くものすべてに吠え、一旦吠え始めると手に負えない始末。恥ずかしいけれど、仕方がないと諦めていました。

しかし、子犬でなくても問題行動は改善できることを知り、トレーニングをお願いすることにしました。
無駄吠え防止方法は、モモだけではなく、飼い主である私たちもビックリ!こんなやり方で成犬トレーニングは効果があるのか?と、最初は半信半疑でしたが、モモは吠えることを我慢できるようになり、私たちも無駄吠えのコントロールができるようになりました。

一緒に外出ができるようになりたい!という主人の希望もあり、クレートトレーニングもしました。嫌がって決して入ることのなかったクレートには今では自ら入っていくようになり、先日は、モモを探してもどこにもいないと思ったら、ちゃっかりクレート内でくつろいでいた、という珍事件もあったくらい、今ではお気に入りの場所となりました。

最近は、「モモちゃん、お勉強していい子になったわね!」と、近所の方などからも変化を認めてもらえる程になったので、とても嬉しく思います。レッスン前までは、問題行動にただただ大声で怒るだけの日々でしたが、今は大声も出さなくなり、ますますモモが可愛くなってしまいました。諦め半分で臨んだ成犬トレーニングでしたが、諦めなくて本当に良かったです。

トレーニングは森先生も仰っていた通り、本当に地味な内容の繰り返しでしたが、犬と飼い主とがコミュニケーションを取りながら、コツコツと継続することによって初めて成果が現れることを実感しました。
躾に関する書籍も多々ありますが、本からでは得られないことを森先生に教えていただいたと思います。教えていただいたことは、無駄にしないよう、これからも継続して、モモとの生活を今まで以上に楽しみたいと思います。ありがとうございました。

愛犬 モモちゃん ミニチュアピンシャー♀ 3.5歳

モモちゃん(ミニチュアピンシャー)
小さなお姫様の専用個室にて

東京都町田市 レオ君(ヨークシャ・テリア)

東京都町田市在住 八木様

愛犬レオ君は、外では「大人しそうでいい子ですね」と言われますが、家では短気を起こしてうなったり、本気で私たち家族を噛んだりする毎日でした。
いつもお散歩を嫌がり、連れ出そうとすると家の中を猛スピードで逃げ回ります。
ほとほと困っていた時に森先生を紹介して頂きましたが、レオ君は5歳。トレーニングは小さい頃に覚えさせるものと思っていたので、手遅れかもしれないと思いながらレッスンを受け始めました。

レッスンを2回受けた頃から、私たちと一緒に「宿題」をするのを楽しみにするようになり、少しずつですが噛まれる回数も減ってきました。以前は週末に家族がそろうと落ち着きがなくなり、毎週1回は噛まれていたのですが、今では反抗はしても噛むことはなくなりました。
おのずと顔つきも優しくなり、甘えてくる素振りが多くなりました。散歩も好きになり、近所の方にも褒めて頂けるほど外を歩くようになりました。

これまでもレオ君を可愛がっていたものの、可愛がることと甘やかすことの違いが分かっていなくて、飼い主の毅然とした態度がレオ君に安心感を与えるということを学びました。
思えば、レオ君のためのレッスンが、実は飼い主である私たちのためのレッスンだったことに、今更ながらに気づいたのです。

レオ君と一緒に楽しく生活していく上での注意点をいろいろと勉強することができました。森先生、本当にありがとうございました。

愛犬 レオ君 ヨークシャ・テリア♂・5才

レオ君(ヨークシャ・テリア)
優しいお顔でポーズ!

神奈川県相模原市 メイトちゃん(イタグレ)

神奈川県相模原市在住 新美様

生後8週のアミカを迎えるにあたり、パピートレーニングをお願いしました。
先住犬メイトを迎えた時は「子犬の社会化」ということを知らず、散歩も大嫌いで3歳を過ぎた頃から大きな犬に威嚇吠えするようになったので、2頭一緒にドッグトレーニングを開始しました。

怖がり犬メイトの散歩トレーニングは、このレッスン内容が散歩に何故関係があるのか?最初はピンときませんでしたが、大きな犬とすれ違う時も、飼い主に意識を集中させることで平静を保ち吠えなくなりました。日常生活の中でもアイコンタクトが色々な困ったことを回避するために役立っています。

2頭になっても今まで同様に色々な所に出かけたいため、クレートトレーニングも必要でした。
パピーレッスンにクレート練習は入っていたので、アミカはクレートに抵抗無く育っていますが、メイトはクレートに頭すら入れられない程、閉鎖されている環境に恐怖心がありました。
4歳では今更絶対に無理だと思っていましたが、森さんの熱心な指導とヒントで、今では気づくとクレートで昼寝している子になり、本当にビックリです!

東日本大震災で大きな揺れを感じた関東ですが、ストレスなくクレートで過ごせる犬にするしつけは、緊急時、避難時の安全面でもとても重要だと思いました。

犬のしつけ、ドッグトレーニングは、犬と飼い主との絆を深めるだけでなく、より安全にもっと幸せに暮すために必要なことだと思いました。
たくさん教えていただいたことを、これからも繰り返し続けていこう思いますし、友達にもパピートレーニングやドッグトレーニングの必要性を伝えていこうと思います。

愛犬 メイトちゃん(奥) イタグレ・♀・4歳

東京都町田市 ぐりーん君(柴犬)

東京都町田市在住 小柳様

我が家のぐりーんは家に来た当時からずっと”かわいい”と育ててきて4才になるまで、何もしつけをせずに来ました。
1才を過ぎる頃から仲の良かった犬や初めて会う犬に威嚇するようになり、混乱すると私達にも噛みついてくるようになり、怪我もしました。

レッスンを通じて、今まで愛犬からしてみたら私達と意志の疎通がなかった事に気付き、散歩の練習では、正直、こんなにも大変かと思わされましたが、今では他の犬を気にしないようになり、愛犬が楽しそうに散歩するようになりました。
また、玄関のチャイムが鳴ると吠え続けていましたが、今では吠えるのをガマン、オスワリで待つ事もできるようになりました。

これからもいい子でいられるようにトレーニングした事をしっかり続けていきます。
飼い主にわかりやすく教えていただき、本当にお願いして良かったと思っています。

愛犬 ぐりーん君 柴犬♂・4才

ぐりーん君(柴犬)
只今、アイコンタクト中

東京都町田市 Rocco君(ロングコート・チワワ)

東京都町田市在住 藤村様

犬の仕事に20年以上携わり、その間3頭の愛犬と共に過ごしてきました。
今までの私流のマナーや芸の教え方に、間違いがあったりしたら恥ずかしいな~という不安もありましたが、森さんとのドッグトレーニングを実際に体験して「犬の習性に基づいて、楽しく学ぶ!」と、いう事を感じました。

レッスンを通して「愛犬とのコミュニケーションがとれた!」と、感じられた一瞬は、愛犬が今までよりも、ず~っと愛おしく感じる瞬間だと思います。
ぜひ皆さんにも体験してもらいたいと思います。

そしてトレーニングを行う皆さんに知って頂きたいのは、犬のトレーニングには「修了証書」はなく、生涯継続!ということです。
たくさんの方に、賢くなった愛犬との楽しい日々を過ごしてもらいたいと思います。

愛犬 Rocco君 ロングコート・チワワ・♂・3才

東京都調布 ルーク君(ラブ x 柴)

東京都調布在住 熊谷様

里親より譲り受けたル-クは、比較的大きい身体で30kgあります。
大好きなお客様や家族が訪問・帰宅する際、あまりの嬉しさに走り寄り「ドーン」と飛びつく行為が、度を越えていました。

ドッグトレーニングは、ネットや本の情報のような型にはまったことではなく、家庭環境やルークと接する時間・状況などに合わせた、工夫・飼い主の意識改革だったので、目からウロコでした。

「犬」に対してのトレーニングではなく『人間』の考えかた・工夫一つでいかようにも変わることを学び、それが時間かからず、身を以て体験できた事に感謝しています。
今はルークとの時間が、更にかけがえのないものとなっています。

愛犬 ルーク君 Mix 大型犬 (ラブ x 柴)♂・2才

ルーク君(ラブ×柴Mix 大型犬)