カテゴリー: メディア掲載

「シニア犬ライフ入門」犬の歯磨きトレーニング掲載

発売開始時はステイホームもあり、本屋さんに行って下さい!
ともなかなか大きな声で言えず、、、
このところ、ようやくソーシャルディスタンスや感染防止対策をしての外出ができるようになってきました。
なので、発刊されてから少し経ちますが、改めてご紹介させていただきます!

只今、Lab. BLANCドッグトレーニングの他に、犬の歯磨きトレーニングを推奨する団体、
ドッグデンタルケア・トレーニングソサエティ(http://ddcts.org)にて、他のドッグトレーナー達と犬の歯磨きのワザを飼い主さんに伝授しております。

RETRIEVER99号(2020/3/14)発売に続き、発刊されたムック本「シニア犬ライフ入門」も
犬の歯磨きトレーニングについて記事監修させていただきました。

シニア犬ライフ入門

どんな犬種でもどんな年齢でも、歯周病予防のために、犬の歯磨きをオススメしています。
当方のブログをご覧いただいている飼い主さんが多いのですが、このところ、犬の歯磨きへの関心が高く、
パピーレッスンご希望の方はほとんどのご家族が。
成犬でも犬の歯磨きトレーニングに特化したレッスンをご希望される方が増えています。

犬は何歳になっても新しいことを覚えることができます。
(故ブランは、10歳になってから、オテとオカワリ、庭でのトイレトレーニングを覚えました。それまで必要なかったので教えていなかったのですが…)

また、犬の歯磨きに関して、正しい情報がどれなのか、とても迷う方が多いです。
インターネット上やSNSで書かれていることを、どう判断すれば良いのか?
何を根拠に、その歯磨きグッズが良いのか、ナゼ適していないのか、
愛犬をムリヤリ押さえつけずに歯磨きするのが可能なのか?
「シニア犬ライフ入門」にはそんなことも記事掲載しており、なかなか充実した内容になっています。

余談ですが…
無麻酔の歯石除去は一見麻酔の負担がなくて良さそうですが、イベントなどで施術しているのは獣医師でもなんでもない素人です -_-#
(これが儲かるんですよね~)
そして素人がやっているので、不十分な消毒で機具を色々な犬に使い回し、歯石除去後、口内を消毒する薬や歯周病(歯周病になっているかどうかは獣医師が判断することで、素人が判断することではないし…)になっている部分に必要な貼薬なども持っているワケがなく、アゴの骨骨折、歯が抜け落ちるなど事故多発です。
まぁ、これは別にブログ掲載としますか…。

そもそも、歯周病の原因はプラークであり、歯石ではない!!!!!!

と、いうことで、プラークを除去するのは、歯ブラシで歯磨きをすることです。
歯磨きペースト不要(むしろ使う方に害が…)ですし、ご自宅で行うので都合の良い時間にできます!

シニア犬ライフ入門

*歯ブラシを舐めている写真はルパン怪獣です。
 犬の舌って、こんなにS字になるんですね~

歯磨きするには歯ブラシを噛ませないことが重要です。
なので、その方法も参考にしていただけると嬉しいです!

犬の歯磨きについてはアツくなってしまうので、また、別の機会に。

 

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com
町田市、相模原市、および近隣の市町に家庭教師型でお伺いしています

 

「RETRIEVER99号」 犬の歯磨きトレーニング掲載

コロナウィルス拡散防止のための緊急事態宣言もようやく解除となり、
皆さんに本屋さんに行って下さい~、とお願いできるようになりました!

レトリーバーに特化した雑誌、その名も「RETRIEVER」 99号に、
犬の歯磨きトレーニングの記事が掲載され、監修いたしました。

RETRIEVER99号

只今、ドッグデンタルケア・トレーニングソサエティ
https://ddcts.org
にて、ドッグトレーナーの有志で犬の歯磨きトレーニングを
皆様にお伝えする活動もしております。

ガムやシートでは歯周病の予防はかなり困難です。
歯と歯茎の間の溝に溜まるプラークを清掃するには歯ブラシでのブラッシングが有効です。
犬の歯周病に対して、適切に「治療」できる獣医師は限られており、
だいたい、抜歯されてしまい、その後悲惨な結果が待っています。

記事はお伝えしたいことが、ギュギューっと詰まっていますので、
どうか、今すぐ歯磨きトレーニングを開始して下さい!
と、このブログを開くと音声発信できればいいのに、、、と思っております。

あ、
余談ですが、

ルパン怪獣は、本誌にてお仕事デビューいたしました!
もちろん、毎日歯磨きしてますよv^^v

*****
Lab. BLANC ドッグトレーニング https://lab-blanc.com

町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています

 

ルパン日記☆怪獣、初の撮影仕事をする

アタクシ、ドッグデンタルケア.トレーニングソサエティ(https://ddcts.org) という、
犬の歯磨きトレーニングを皆さんにお伝えする任意団体にも所属しております。

3/14発売予定の雑誌、「RETRIEVER」に、犬の歯磨きトレーニングについて記事が掲載されることになりました。

で、記事用の撮影にロダン選手とルパン怪獣と一緒に行ってきました!
撮影

ロダンは撮影慣れしており、環境馴致も全く問題ないのですがルパン怪獣は初のお仕事。
意外にビビりなのでどうなることやらと思ったところ、撮影は全く問題なしでした。
が、
建物入って撮影場所まで行くのにエレベーターに乗れないという…*o*

そうきたか…w*o*w
扉の向こうに不信感があると前に進まないルパン怪獣。
それは、困った事に動物病院に入るのも拒みます。
どこへ行っても全く動じないロダンの爪の垢を飲ませておけばよかった(笑)
撮影場所へはロダンの後をくっついてフツーに入室。

撮影
ロダンねーさん、仕事してるなー

初めて会う人や、撮影道具、カメラの音やフラッシュには動じることなく、待機中もイタズラなどせずに過ごすことができました。

2時間ちょっとかかった撮影。
たぶん、早くできたと思う。

また一つ、新しい経験ができた怪獣でした。

 

*****

Lab. BLANC ドッグトレーニング
町田市、相模原市、および近隣の市町村に家庭教師型でお伺いしています

RETRIEVER Vol97 に掲載されました

2019年9月発売の雑誌「RETRIEVER Vol97」に掲載されました。
記事内容は犬との出会いのストーリーでブランとの出会いのストーリーや私がドッグトレーナーに転身したキッカケなどの話が掲載されています。

レト誌97号

 

ブランがいなかったら、私の人生はこんなに犬にはまっていなかったなぁ。

横浜中華街で散歩中を撮影した写真が大きく載っていて、かしこまっての記念撮影とは違う構図でステキな写真です。ルパン、ロダン、ブラン全員が一緒に誌面になるとは思っていなかったので、親バカ的には宝物の1冊になりました。
撮影の時のブログはコチラ
ドッグ デンタルケア. トレーニング ソサエティのブログでもブランと歯の事について記載しております。

私がドッグトレーナーになったきっかけ。
ブランの存在もそうですが、

犬とこんなに楽しく過ごせるなんて、知らない人はもったいない!

問題行動を治したり、やって欲しくないことの芽を出さない、愛犬との良い関係を保つ、
色々なご依頼がありますが、全部、犬と楽しく過ごせることに繋がります。そんな想いで、周囲の方達の多大なサポートがあり今日に至ります。

 

**********

Lab. BLANC  ドッグトレーニング https://lab-blanc.com

町田市、相模原市、多摩市、八王子市(一部)、横浜市(一部)に家庭教師型でお伺いしています

 

「ペットとでかけよう」VW社のサイト監修しました

ペットとおでかけ

この度、フォルクスワーゲン社様のWebサイト「ペットと出かけよう」にて、撮影協力と愛犬とのドライブのポイントについて監修をご依頼いただき、公開されました!

犬と一緒に来るまで出かける時に必要なことを短くまとめておりますので、ご愛車メーカーに関係なく何かヒントになることがありましたら、サイトをご覧いただければ幸いです。

また、生徒さんの陽太君(写真右)にもお付き合いいただき、ロダン選手と共に写真と動画の撮影協力をしております。陽太君は初めての場所や状況でもいつもと変わりなく過ごしてくれて、社会化ができている重要性を改めて感じました。

どうぞ、ご贔屓にしていただければ幸いです。

 

Lab. BLANC  https://lab-blanc.com