タグ: ハウス(クレート)

犬のしつけで、ハウス(クレート)トレーニングに関する記事です。

神奈川県相模原市 アルプちゃん(柴犬)

神奈川県相模原市在住 門井様

これまで犬を飼ったことがなく、また家族2人が共働きで日中の留守番が多い我が家に柴犬アルプ(♀)が生後約3ケ月でやってきて、森さんには、約9ケ月大変お世話になりました。
この間を通して、印象的だったのは、アルプが森さんのことを大好きだったことです。
(おみえになる時の大興奮ぶりは凄かったですね)
そして、森さんも犬と私達飼い主の事を親身になって考えてくださっていた事です。
日常生活では基本的なコミュニケーションから留守番の過ごし方のアドバイスなど、体調管理の事まで本当に沢山の事を教えて頂きました。

そして、何もかも初めての私達は、避妊手術の時もとても悩みました。そのような時にも話しを聞いて下さり、想定される状況(術後の一時的な排泄の失敗など)や手術を受ける際の留意点等具体的に説明して下さった事はとても心強く助かりました。

お陰様でアルプは、留守番も過ごせる、一緒に暮らしやすい子になってくれたと思います。
これからも、教えて頂いた事を繰り返しトレーニングして大切な家族として沢山の思い出を一緒に作っていきます。
本当にこれまでありがとうございました。

愛犬 アルプちゃん 柴犬♀・12ヶ月

アルプちゃん(柴犬)
留守番はまかせて!

東京都町田市 ラッキーちゃん(ミニチュア・ダックスフント)

東京都町田市在住 鄭様

ミニチュアダックスのラッキー(♀)との出会いは去年の7月の事でした。産まれてから42日目で迎えて僅か600gだけしかなくずっと寝ていた子ですが、迎えて一週間位経ってから鳴く癖が付き、脱毛や子犬特有の風邪など様々な症状が出てきました。室内犬を飼うのは初めてで何も分からない若夫婦なのでどうすればいいのか良く分からなく、友人の紹介で森先生にカウンセリングして頂く事になりました。

森先生がラッキーと会った時の最初の一言は『小さいですね!ご飯はどのぐらいあげてますか?』
ラッキーのママ: 『一回10gで一日三回あげてます』
森先生: 『ラッキーの一日分は90gを与えなきゃいけないのですが、一日一食の量しかあげてないという事になります。それでは鳴くし、栄養が足りません。今すぐご飯をあげて下さい。』

以上一連のトラブルをきっかけに、我が子の問題ではなく飼い主の私が問題だと分かり、早速、森先生にレッスンの依頼をしました。ラッキーには楽しい社会化のレッスンはもちろん、飼主の私にもラッキーの心理、健康状態、信頼関係の築き方を教わりました。そして一番重要な私とラッキーの一番暮らしやすい環境を作りました。

例1:

夜は必ずクレートで寝かせて一人の時間を与える。
それによって一人でクレートにいても不安にならないようにする。
また、クレートを好きになって貰うにはご飯をクレートで食べる、お出かけはクレートで移動する。
クレートは安全、安心でいられる場所だと教える事が大切。

☆今はクレートがあれば、連れて行かれる季節では車の留守でも爆睡します。
旅行もお泊まり出来るし、預けるときも大人しくクレートで休みます。

例2:

トイレの練習は苦戦でしたが、ラッキーの排泄は4ヶ月齢位に号令で出来る様になりました。
そして、5ヶ月齢には安定し始めて自分でサークルのトイレに戻り排泄をするようになりました。

☆今は、友人の家や車の中など、色々な環境でもトイレシートがあれば、号令で排泄をする事が出来ます。

その他は、「待て」「おいで」「アイコンタクト」など、様々な授業を受けて日常生活にいつも役立っています。我が子を育てるうちに私も育てられました。もっともっと暮らしやすくなるために、犬も人間も沢山の我慢が必要です。お互いの努力があったから、ラッキーを飼うことの大変さを一度も味わった事はありません。
森先生の指導のおかげで今まで順調に育っていますが、成長して思春期に入り、成犬になっていくのでこれからも分からないことが出てくると思います。その時は、また森先生に相談をして楽しいドックライフを送りたいと思います。森先生、ありがとうございました。

愛犬 ラッキーちゃん ミニチュア・ダックス♀・11ヶ月

ラッキーちゃん(ミニチュア・ダックスフント)
初めてのクリスマスの時
ラッキーちゃん2
おでかけ大好き!

東京都町田市 アンちゃん(ミニチュア・シュナウザー)

東京都町田市在住 井上様

生後3ヶ月で我が家にやってきた、アンは、甘噛みがひどく、家族全員困り果てていました。
小学生の娘が、アンと遊ぼうとしても、ひたすら噛み付いてくるため、遊ぶことすらできない状態で、娘も悲しい気持ちになっていました。掃除機には毎日吠えまくるし、トイレトレーニングも全くうまくいかず、これは、プロのトレーナーさんに教えていただくしかない!と、必死にネットで検索し、森さんにお願いすることにしました。

叱り方、褒め方、基本からわかりやすく教えていただき、あっという間に掃除機に吠えなくなったときは、ビックリしました。レッスンが進むにつれ、いろいろなことをアンは覚え、家族と仲良く遊んだりできるようになり、ますますかわいくなりました。

森さんは、いつも親身に話を聞いてくださり、家族みんな、感謝しています。アンは森さんが大好きで、楽しくトレーニングできました。なんでも質問、相談できたので、本当に心強かったです。困ったときは、いつも合言葉のように、「森さんに聞けばいいね!」と言っていました。ずっとレッスンを受けていたいような、楽しい時間でした。ありがとうございました!

愛犬 アンちゃん ミニチュア・シュナウザー♀・10ヶ月

アンちゃん(ミニチュア・シュナウザー)
号令も通じるよ!

東京都町田市 モモちゃん(ミニピン)

東京都町田市在住 榊様

きっかけは某TV番組で「ダメ犬克服」コーナーを見ていて、主人と「うちのもダメ犬じゃん!」と意見が一致したことからでした。 我が家には3歳半になる小さなお姫様、ミニピンのモモがいます。
迎えたばかりの頃は、何事にも動じず、吠えることもない手のかからない子だったのですが、ある時期を境に無駄吠えが激しくなっていき、自然と家族以外との接触を避けて過ごしてきていました。
モモを外に連れ出すと、すれ違う人や犬、バイク、車と、動くものすべてに吠え、一旦吠え始めると手に負えない始末。恥ずかしいけれど、仕方がないと諦めていました。

しかし、子犬でなくても問題行動は改善できることを知り、トレーニングをお願いすることにしました。
無駄吠え防止方法は、モモだけではなく、飼い主である私たちもビックリ!こんなやり方で成犬トレーニングは効果があるのか?と、最初は半信半疑でしたが、モモは吠えることを我慢できるようになり、私たちも無駄吠えのコントロールができるようになりました。

一緒に外出ができるようになりたい!という主人の希望もあり、クレートトレーニングもしました。嫌がって決して入ることのなかったクレートには今では自ら入っていくようになり、先日は、モモを探してもどこにもいないと思ったら、ちゃっかりクレート内でくつろいでいた、という珍事件もあったくらい、今ではお気に入りの場所となりました。

最近は、「モモちゃん、お勉強していい子になったわね!」と、近所の方などからも変化を認めてもらえる程になったので、とても嬉しく思います。レッスン前までは、問題行動にただただ大声で怒るだけの日々でしたが、今は大声も出さなくなり、ますますモモが可愛くなってしまいました。諦め半分で臨んだ成犬トレーニングでしたが、諦めなくて本当に良かったです。

トレーニングは森先生も仰っていた通り、本当に地味な内容の繰り返しでしたが、犬と飼い主とがコミュニケーションを取りながら、コツコツと継続することによって初めて成果が現れることを実感しました。
躾に関する書籍も多々ありますが、本からでは得られないことを森先生に教えていただいたと思います。教えていただいたことは、無駄にしないよう、これからも継続して、モモとの生活を今まで以上に楽しみたいと思います。ありがとうございました。

愛犬 モモちゃん ミニチュアピンシャー♀ 3.5歳

モモちゃん(ミニチュアピンシャー)
小さなお姫様の専用個室にて

神奈川県相模原市 メイトちゃん(イタグレ)

神奈川県相模原市在住 新美様

生後8週のアミカを迎えるにあたり、パピートレーニングをお願いしました。
先住犬メイトを迎えた時は「子犬の社会化」ということを知らず、散歩も大嫌いで3歳を過ぎた頃から大きな犬に威嚇吠えするようになったので、2頭一緒にドッグトレーニングを開始しました。

怖がり犬メイトの散歩トレーニングは、このレッスン内容が散歩に何故関係があるのか?最初はピンときませんでしたが、大きな犬とすれ違う時も、飼い主に意識を集中させることで平静を保ち吠えなくなりました。日常生活の中でもアイコンタクトが色々な困ったことを回避するために役立っています。

2頭になっても今まで同様に色々な所に出かけたいため、クレートトレーニングも必要でした。
パピーレッスンにクレート練習は入っていたので、アミカはクレートに抵抗無く育っていますが、メイトはクレートに頭すら入れられない程、閉鎖されている環境に恐怖心がありました。
4歳では今更絶対に無理だと思っていましたが、森さんの熱心な指導とヒントで、今では気づくとクレートで昼寝している子になり、本当にビックリです!

東日本大震災で大きな揺れを感じた関東ですが、ストレスなくクレートで過ごせる犬にするしつけは、緊急時、避難時の安全面でもとても重要だと思いました。

犬のしつけ、ドッグトレーニングは、犬と飼い主との絆を深めるだけでなく、より安全にもっと幸せに暮すために必要なことだと思いました。
たくさん教えていただいたことを、これからも繰り返し続けていこう思いますし、友達にもパピートレーニングやドッグトレーニングの必要性を伝えていこうと思います。

愛犬 メイトちゃん(奥) イタグレ・♀・4歳

神奈川県相模原市 ルーク君(ビション・フリーゼ)

神奈川県相模原市在住 小林様

我が家にビションフリーゼのルークがやって来たのは生後3か月の頃。
普段ほとんど吠えないルークですが、ケージに入れられたり、留守番をするとなるととたんに吠え、私が外出から帰ってくるまでずっと吠え続けていました。これでは近所迷惑にもなりますし、何よりルーク本人が辛いのではないかと思いトレーニングをお願いすることにしました。

ケージが大嫌いなルークのために、森先生はルークに最適な方法を見つけてくださいました。急にケージに入らなくなった時も、電話で相談すると適切なアドバイスをしてくださいました。あんなに嫌いだったケージですが、今では眠くなると自分で入って寝ていますし、またケージでの留守番中も吠えなくなりました。この劇的な変化に家族みんなただただ驚くばかりです!メインのレッスン以外にも色々教わり、中でもトリックの鼻タッチは大得意になりました。

飼い主にとって愛犬がかわいいのは当たり前ですが、問題行動がある場合それが改善されると、もっともっとかわいく感じます。今まで出来なかったことを一生懸命やる姿は健気でとても愛おしいです。そんなルークに変身させてくれた森先生に心から感謝しています。本当にありがとうございました。

愛犬 ルーク君 ビション・フリーゼ♂・7ヶ月

ルーク君(ビション・フリーゼ)
ママが大好き!